FC2ブログ
2018’09.02・Sun

CDの山の中に埋もれていたブツ~木村恵子 「STYLE」

pkimurakeiko002.jpg

 シンガーソングライター木村恵子の、1988年のアルバムであります。この人の盤は以前90年のアルバム「M」を取り上げたことがありますが、アレはなかなかにバラエティに富んだ傑作盤でありました。今回は鈴木茂が全面的に制作に関わった盤でありまして、「M」とは違って作曲は木村さん本人だけではなく、鈴木茂、杉真理、加藤和彦、門あさみが曲を提供しています。このメンツを見ただけでも何だかヨーロッパ趣味の作品になっていそうな予感がするかと思いますけど、まさにその通りの仕上がりになっております。

 言ってみれば如何にもあの頃のニューミュージックという感じの音楽なのでありますが、ちょいとアンニュイな雰囲気を持ちつつもオッサレーな感覚に溢れたシティ・ポップスが実に耳に心地好いですね。ちょいと突き放したような感覚がある木村さんの歌声は甘さ控え目でありつつも大人な色香が漂っていまして、自立したカッコいい女性という雰囲気があるのがステキです。この歌声がヨーロピアンな楽曲にも良く合っていまして、アルバムトータルとして実にイイ仕上がりになっていると感じられます。この人ってそんなに人気があった歌手ではないかと思いますが、これだけの盤を作り上げながらもマイナーな存在に留まっていたというのが、何だか納得行かない感じですね~。

 まあ実力がありながら人気が無い歌手なんて多々いるワケではありますが、こんなステキ歌手が人知れず埋もれてしまっているなんて、非常に勿体無い気がする今日この頃、とりあえずはこの人の作品を廉価盤として再発してくれることを、レコ会社にお願いしたいと思います。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころん 様

名前は平凡だけど、木村さんのちょっとぶっきらぼうだけどどこか暖かみのある歌声ってありそうで中々ないと思います。
自分もブックオフでゲットしたベスト盤と「AMBIVA」を持っていますが、木村さんの1000円シリーズが出たら全買い間違いなしですね。
ついでに木村さんが参加したユニット、ケルカンの盤も廉価シリーズで再発してほしいなぁ。

おやぢ:2018/09/03(月) 21:13 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
木村さんは良いですよね~。実にステキな歌声だと思います。
木村さんの盤ってなかなか見かけないですし、もし1000円シリーズが出たら、即全買いですよね!ケルカンというのは存じませんでしたが、是非探してみたいと思います。

ころん:2018/09/03(月) 22:34 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL