FC2ブログ
2018’09.13・Thu

YUKA HONDA 「MEMORIES ARE MY ONLY WITNESS」

phondayuka001.jpg

 ブックオフの280円棚を見ていたら、YUKA HONDAなんて名前が目に入ったんですよ。ホンダユカ(漢字忘れた)って確かチボ・マットとかいうグループをヤッテた人だったな~と思いまして、チボ・マットなんて一度も聞いたことが無いんですけど、とりあえずゲットしてみた次第であります。ホンダさんって何枚かソロアルバムを出しているかと思いますが、コチラは2002年の作品であります。ちなみにこの盤はTAZADIKというレーベルからのリリースですが、気持ちの悪いグロジャケのブツをしょっちゅうリリースするジョン・ゾーンがヤッテいるレーベルですね。随分前にこのおっさんのバンド、ペインキラーとかネイキッド・シティなんかの盤をゲットしたことがありますが、ジャケもきしょければ音楽もきしょいということで、あっと言う間に売り払ってしまったことがあります。あ、そう言えばTZADIKから出ていたバート・バカラックのカバー集なんかも以前は持っていましたね~、もう売り払いましたけど。

 というワケで(?)あまりジョン・ゾーンとは関わり合いになりたくはないんですけど、ホンダさんの盤ということで聞いてみましたコチラのアルバム、インスト盤だったんですね。基本ホンダさんがプログラミングとかサンプラーなんかを駆使して作っていて、ヒップホップなんかを通過して来たミニマル感覚のある、それでいてロックなダンスミュージックに仕上がっていると思います。ビートは軽快なんですけどちょいと不穏な毒気もあるように感じられる、なかなか不思議な感じの音楽ですね。ジャケに見られる通り、まるでホンダさんの脳の中の音を直接抽出したような感覚の音楽になっていると思います。まあそれが自分の嗜好(志向)に合えばハマるタイプの音楽なんでしょうけど、わっちの嗜好はもっとポップな音楽ですので、感覚的にはちょいと違うかな~って気がします。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL