FC2ブログ
2018’09.22・Sat

CDの山の中に埋もれていたブツ~「花のあすか組!音楽編あるばむ」

phananoasukagumi001.jpg

 これまでわっちも色々な盤を聞いて来ましたけど、たまに「何じゃこりゃ!」というようなワケがわからない変な盤に出くわす事があります。「花のあすか組!」なんてドラマがあったのは知識としては知っていますけど、一度も見た事はありませんしこんなアルバムが存在していたことも知りませんでした。ジャケには向かって左からセーラー服の石田ひかり、赤の特攻服の小高恵美、白ブレザーの小沢なつきが写っていますが、この3人が主役だったんですね。石田ひかりはカワイイですけど、他の2人は一体・・・。このジャケを見るからにあまりにダサそうで、思わずゲットしてしまった次第でありますが、聞く気にもならずに埋もれてしまっておりました。

 それにしても1988年リリースのこのアルバム、予想を超える酷さと言いましょうか、まさに「何じゃこりゃ!」という盤ですね。3人が揃いも揃ってトホホな歌をぶっ放し、腰砕けにさせてくれます。おそらくドラマ自体もトホホな作品だったんじゃないかと思われますが、当時はこういうドラマを必死のパッチで見ていた人が多々いたんでしょうね。あ、別にどうでもいいんですけど、5曲目を歌っているのはBaBeと書いてあるんですが、一体誰なんでしょうか?

 そしてこのアルバムの更に凄いところは、6曲目以降であります。だって突然おっさんのナレーションから始まって、セリフが飛び出して来るんですよ。どうやら音楽に乗せてテレビドラマのセリフを流しているようなのですが、コレって「音楽編あるばむ」じゃなかったの?あ、セリフのバックに音楽が流れてるから音楽編か。ブックレットをよく見ると、「テレビの音声をそのまま使用しているため、セリフに若干のノイズがあります」なんて書いてありますね。棒読みの如き下手っぴーなセリフがこれまたトホホであります。酷いな~コレは。まさに資源の無駄遣い的な、壮絶に下らない盤ですな。ですので下らないモノ好きにはマストアイテムかと存じます。是非どこかでゲットして、この凄まじい下らなさにシビレて下さいね!
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL