FC2ブログ
2018’10.08・Mon

ELVIS COSTELLO AND THE ATTRACTIONS 「PUNCH THE CLOCK」

pelviscostello006.jpg

 先日コステロの「ブラッド&チョコレート」を取り上げた時に、「こんなモンを買うぐらいなら横にあった『パンチ・ザ・クロック』を買うべきだった」なんて内容のことを書きましたけど、その後ブックオフに行ったらまだありましたので、とりあえずはゲットしてみた次第であります。この盤は1984年の盤になるのでしょうか、コステロにしては珍しくホーンセクションを導入した曲が色々と入っております。その為に賛否両論あるようですが、シンプルな編成で突っ走るコステロも良いですけど、ホーンを導入してちょいと柔和で寛いだ雰囲気になっているコステロも良いかと思います。とは言っても、シンプルでポップなロックンロールという基本は全く変わっていないと思いますけど。

 とりあえずこの穏やか路線というのは次のアルバム(ですよね?)「グッバイ・クルーエル・ワールド」に引き継がれていますが、こういう路線もイイですよね?攻撃的であろうと柔和であろうと「曲作りの鬼」と言われたコステロのメロディ作りのセンスは冴え渡っていて、ロバート・ワイアットがカバーした名曲「シップビルディング」も入っていますし、なかなかの充実盤に仕上がっているかと思います。コステロ入門盤としてもイイんじゃないですかね~。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL