FC2ブログ
2018’10.12・Fri

理亜るなジャズ記録~MATCHING MOLE

pmatchingmole001.jpg

 皆様今晩は。私老化防ぎ隊の理亜です。今回取り上げますのは、ロバート・ワイアットが在籍したことで有名な(?)マッチング・モールの1972年のアルバムで、邦題は「そっくりモグラ」です。私は全然知らないバンドでしたが、ころんさんは学生の頃にちょっとロバート・ワイアットに興味を持った時期があったらしく、その頃はまだこの作品はCD化されていなくて、LPが法外な値段で取引されていたんだそうです。でも今やブックオフの500円棚で見つかるのですから、良い時代になったのか、それとも単に音盤という物が過去の遺物になりつつある時代というだけのことなのか、よくわかりませんね。

 ところでこの作品はプログレッシヴなジャズ・ロックなんて言われていて、だからころんさんがジャズ担当の私に回して来たようなのですが、私にはなかなか難しいアルバムですね。ジャズかと言えばジャズではありませんし、だからと言って単純にロックとも言い切れませんし、ジャンルに捉われないその自由な発想が良いということにはなるのかと思いますが、私はアルバム全体を覆っている沈鬱な雰囲気にちょっと馴染めないのです。プログレファンの方々にはこのヨーロッパ的な沈んだ感覚がたまらないのかもしれませんが、私には荷が重いですね。個人的にロバート・ワイアットの歌が苦手ですので、歌入りの曲が1曲目だけで後は基本インストというのは助かりますけど(ファンの方々、申し訳ございません!)、それでもやっぱり息苦しさは否めません。ころんさんは「やりたいように展開している、シャープ且つダラダラした演奏がなかなか良いではないですか」なんて言ってますけど、だったら自分でレビューして下さいと言いたくなってしまいました。

「自分でレビューして下さい。」by理亜
pria020_20180917184629d13.jpg

 以上、私老化防ぎ隊の理亜がお送り致しました。皆様が今後も素敵な音楽に出会えることを願っております。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL