FC2ブログ
2018’10.13・Sat

中嶋美智代 「たんぽぽ」

pnakajimamichiyo004.jpg

 先日おやぢ様が取り上げておられました、中嶋美智代の1992年のアルバムであります。基本的にハズレが無い中嶋さんの盤でありますが、コレも実にイイ感じであります。何がイイって、まずは40ページ以上にわたる中嶋さんの写真満載のブックレットがイイんですよ。しかも全てモノクロ写真。古き良き時代のアイドル写真集という風情が、あまり昔っぽい顔立ちではないカワイイ中嶋さんに何故か似合っているんですよ。この手のパッケージを含めたトータルとしてのCD作品って、やっぱりイイですよね~。この醍醐味は配信では味わえないのではないかと思います(配信したことないから知りませんけど)。

 そして何よりもイイのが、中嶋さんの歌ですよ。甘えるような舌足らずな歌声で、とんでもなく不安定で下手っぴーな歌をぶっ放すのですが、この歌から零れ落ちるアジア的な湿った情緒のある切なさは、一体何事なのでしょうか?こういうのを聞くと、歌って上手いとか下手とかの問題ではないということを実感致しますね。中嶋さんみたいに、下手でも伝わる歌があるワケですからね~。まあこの耳が腐りそうなレベルの下手っぴーな歌に我慢ならんという方も多々いらっしゃるでしょうが、中嶋さんの歌が持つ切ない情緒を感じ取ることが出来れば、貴殿もきっと中嶋さんのファンになってしまうことかと思います。それに中嶋さんって渡辺美奈代みたいな毒娘ではなくて、もっと清楚な感覚がありますから、より多くの人に受け入れられるのではないかと思います。

 などと言ったところで、中嶋さんなんて既に過去の遺物的な存在ですから、今更掘り起こして聞こうなんて誰も思わないでしょうけど、掘り出してみるだけの価値を十分に持ったお宝アイドルだと思う今日この頃であります。この盤は曲も粒揃いですし、打ち込みで安直に作った「如何にもあの頃のアイドル盤」みたいな粗製乱造盤とは違って、制作陣の愛情が感じられますから、聞いていて気分が良いです。切ない歌謡好きにはオススメ出来る作品であると存じますが、如何でしょうかね~。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころん 様

中嶋さん、もう少し売れても良かったのになぁ。
サンミュージックって、聖子ちゃんをはじめとして、アイドルを売り出すのは結構上手な事務所だった思うんですけどね。
まぁ、歌唱力があっても売れない子はたくさんいたわけだから、事務所の責任ではないと思いますけど。

おやぢ:2018/10/14(日) 14:15 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
確かに、中嶋さんはもっと売れても良かったと思いますが、時代的にアイドルがそれ程売れる頃ではなかったのでしょうね。80年代前半とかだったら、もっとイケてたような気がします。
とりあえず、今の時代だからかえって新鮮に聞けるのではないかと思います。

ころん:2018/10/14(日) 21:17 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL