FC2ブログ
2018’10.21・Sun

インドに行って

 先日インドに行ったということで、インド旅行記でも書こうかと思っていたのですが、仕事もガタガタしていてしんどいですし、面倒だからやめます。世界遺産になっている建造物の観光が殆どでしたので、書いたところであまり面白くないですし。ですので今回印象に残っている事をテキトーに書き連ねておきたいと思います。

 まずは「何故インド?」ということですが、一度は行ってみたいじゃないですか、カレーの国インド。インドカレーめっさ好きですし、スパイスとかたくさんゲット出来るかな〜とか思いましたし(ゲット出来なかったけど)。あと、インド音楽も好きですので、CD色々ゲット出来るかな〜とか思いましたし(ゲット出来なかったけど)。まあ単なる思い付きなんですけどね〜。ところでインドってビザを取るのが世界で一番難しいと言われておりまして、マジでかなり鬱陶しいんですよね。実際の申請は旅行会社にお任せしたんですが、写真はサイズだけではなくて顔の大きさだのどこからどこまでが何センチ以内とか背景は白限定とか何とか色々と決まっていて、何度か撮り直しになってしまいました。また、申請書の記入事項が異常に多いんですよ。コレってまるで「インドに来るな!」って言っているようなモンで、次世代の大国なんて言われている割に何て閉鎖的なんだと思ったりして。

 まあ何とかビザを取得出来ましたので実際に行くことが出来たワケでございますが、それにしてもインドってめっさ遠いですね。福岡から一旦韓国の仁川に行って、そこからデリー行きの飛行機に乗り換えるんですが、福岡・仁川間が1時間位で、仁川・デリー間が8時間位?今回は大韓航空の利用ですが、大韓航空ってわっちの中では「落ちる」というイメージがありまして、あまり乗りたくはなかったんですよ。でも便がそれしかありませんでしたから、仕方ありません。しかし実際に乗ってみると意外に(?)悪くなくて、機内エンタメや機内食はそこそこ充実していましたし、たまたまかもしれませんけど美人さんのCAが揃っていまして、なかなか快適でございました。座席は結構狭いですけど。あと、チェックイン手続きなんかも他の外国の航空会社と比べたらかなりスムーズでしたし、その辺は日本を見習っているのかもしれません・・・なんて言ったら、「韓国が日本に教えてやったニダー!」などとファビョる人が出て来そうですな。

 それにしてもインドですよ。世界遺産の建造物は本当に素晴らしいですし、カレーも美味いです。そしてデリーは交通網が意外に発達していまして、メトロは非常にキレイで快適に乗れますし、本数も多いですからかなり便利であります。旅行の最終日は1日フリーでしたので(15時まででしたが)、メトロを使ってニューデリーの中心地へ行ってみたんですよ。すると、駅を出るまでは本当に快適だったのですが、駅を出た途端に次から次へと地元の連中が寄って来るのであります。「どっから来たんだ?オマエは日本人か?大きいショッピングモールに案内してやろう」などと、ひっきりなしに言って来るんですよ。相手にしたらすぐに「教えてやったんだからチップ寄越せ」なんてことになりますので、ひたすら無視するワケですが、もう本当に異常にしつこくついて来るヤツもいますし、そいつが離れたらすぐに他のヤツが寄って来ますし、マジで鬱陶しくて仕方がありません。それに加えて「何か恵んでくれ」なんて言って来るヤツもいますし(何度腕を掴まれたか!)、まるで蚊の大群の中にいるみたいな感じなんですよね〜。この国にはたかり根性に染まった連中がこんなにもたくさんいるのかと思うと、気分がめっさヘコんでしまいました。次世代の大国だかIT大国だか何だか知りませんが、一般庶民に対する教育とか社会保障をもっとシッカリと実施せんかい!などと、本気でブチ切れそうになりました。

 それにニューデリーの街は非常にわかりにくくて、地元スーパーみたいな店を探そうとするものの次から次へとたかりが来ますので、地図を見ることも出来なければ落ち着いて探すことも出来ず、結局はコンビニでお菓子とかのお土産品を買うだけにとどまってしまいました。本当はCD屋なんかも探したかったんですけど、暑いわたかりが鬱陶しいわで気力が萎えてしまいまして、早めに切り上げてしまったのでありました・・・。たかり連中が蚊の如く群がって来なければ、もっと色々見て回れたのにな~。

 あ、たかりと言えば、タージ・マハールでのことです。手にペンチを持った施設職員みたいな爺さんがいて、わっちの嫁さんに声を掛けて来たんですよ。「ここからのアングルが凄くイイぞ」とか「こっちもイケてるぞ」なんて言って来るワケです。「あ、コイツは職員じゃなくて、たかりのジジイだな?」と気付いたので、「THANK YOU」と言って立ち去ろうとすると、「チップチップ!」と言って必死の形相でどこまでも付いて来るんですよ。仕方ないので10ルピー札をジジイの手に押し込んだのですが、何か気分悪かったですね~。あと、帰りのデリーの空港でトイレの清掃員のおっさんにチップをたかられたのは、前に書いた通りです。あの時は余った硬貨を2枚くれてやったのですが、ジジイもおっさんもあからさまに「少ねーっ!」て顔しやがるんですよ。恵んでやってんのに。やっぱり気分悪いーっ!

 これまでわっちは海外の色々な国に行きましたけど、「気分悪いーっ!」なんて思った国は全然ありませんでした。しかしインドに関しては心底呆れたと言いましょうか、たかり連中のせいで本当にイヤになりましたね~。たかり連中もそうしなければ生きていけないのかもしれませんが、だったらそんな状態を放置している国が悪い、わっちはそう思います。
スポンサーサイト

Categorieインド  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL