FC2ブログ
2018’10.18・Thu

大原櫻子 「ENJOY」

poharasakurako008.jpg

 わっちのお気に入りのギター女子、大原櫻子の今年発売のアルバムであります。ギター女子とは言っても、櫻子ちゃんがアルバムでギターを弾いていたことって無いんですけど、タカミネの櫻子モデルを持っている櫻子ちゃんですから、今後はシッカリとギターを練習してもらって、いつかは弾き語りツアーなんてモノをヤッテ欲しいと思っております。その時は真っ先にライブ会場に駆けつけますよ・・・って、福岡限定ですけど。

 今回の新作ですが、多くの曲に元チャコール・フィルターで現在は亀田誠治一門の小名川高弘が関わっていますね。前作は大半が亀田誠治が関わっていましたから、今回は弟子に任せたってことなんでしょう。作詞作曲アレンジに大活躍でありまして、このおっさんが関わっている曲は、櫻子ちゃんにしてはロックとかエレクトロな要素が強い仕上がりになっている気がします。しかしそれ一辺倒にならないようにという配慮があったのかどうかは知りませんけど、いきものがかりの水野良樹、スーパーフライの多保孝一、秦基博なんかに曲を提供してもらって、全体的に彩り豊かになっているのがよろしいかと思います。まあギター女子なんて言いながらアコギを生かしたようなアレンジの曲がちょっとしか無いのはご愛嬌ってところですが、聞き所はギター云々ではなくて櫻子ちゃんの歌でありましょう。

 櫻子ちゃんって元々表情が硬くて意外に愛想が無い歌い方をしますけど、この盤でも相変わらずではあります。しかしそれが板に付いて来たと言いましょうか、櫻子ちゃんなりの味になって来ておりまして、なかなかイイ歌手になって来たな~と実感出来るのであります。愛想が無いながらも丁寧に切々と心を込めて歌おうとしている姿勢は十分に伝わって来ますし、音楽に対しては結構ひたむきでストイックな面がある様子が窺えます。ですので、女優としても活躍出来る位にカワイイのに浮いた感じが無いのが、個人的にめっさ好感度が高いのであります。曲もバラエティに富んでいますし、全部で14曲ありますけど、全てにおいて櫻子ちゃんの歌をシッカリと堪能することが出来るかと思います。

 イヤイヤ、なかなか良いですね櫻子ちゃん。着実に進歩していますし、女優としての活動を控え目にして歌手活動を中心にしているようですから、更なる進歩を期待できるのではないかと思います。当然のことながら、今後も応援し続けたいと思う今日この頃なのであります~♪
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL