FC2ブログ
2018’10.25・Thu

興味津々音楽探求~ATAHUALPA YUPANQUI BEST 20

patahualpayupanqui001.jpg

 皆様今晩は。ヒワイイ大使のめぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」は、アルゼンチン・フォルクローレの巨匠アタウアルパ・ユパンキの、1988年に日本発売された20曲入りベスト盤を取り上げます。このベスト盤は、一体誰の選曲なのか記載が無いのでわかりませんし、どの曲がいつの録音なのかも記載が無くて、ベスト盤を出すならその辺のことはシッカリとして欲しいと思うのはわたしだけでしょうか?

 とは言ってもユパンキさんの作品集ですから、何をどうやったって良いものになるのは間違いありません。基本的にユパンキさんの歌とギターだけの地味~な演唱が続くんですけど、やっぱりこの地味だけど滋味なユパンキさんの世界にシンミリと浸ってしまいますよね~。哀愁の旋律を奏でるガット・ギター、毅然としつつも温かくて優しい歌声、もう何もかもが素晴らしいです。フォルクローレと言えばわたしは真っ先にハイメ・グァルディーアとかリラ・パウシーナを思い出すんですけど、ユパンキさんも本当に最高ですね!

「ユパンキさんも最高ですね!」byめぐりん
phiwaiimegu054_20181025222940970.jpg

 ところでころん棚にはユパンキさんの「人類の遺産」と題されたボックスセットがあって、本当に人類の遺産的な素晴らしいボックスだと思います。でも、あのボックスを引っ張り出して聞くのはそれはそれで楽しいんですけど、手間が掛かってちょっと面倒かな~って思ってしまうこともあるんです。そんな時にお気軽に取り出して聞ける今回の20曲入りベストなんかがあると、とっても便利だと思います。この盤はころんさんがブックオフの500円棚で見つけて来てくれたんですけど、本当に「グッジョブ!」って感じですね。ユパンキさんのベストは色々なものが出ていますけど、どの盤でもいいから「一家に一枚ユパンキさんのベスト!」って言いたいです。ユパンキさんってそれ位に素晴らしい存在だと思います。

以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪
スポンサーサイト

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL