FC2ブログ
  • « 2020·07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  »
2018’11.18・Sun

THE BYRDS 「MR.TAMBOURINE MAN」

pbyrds001.jpg

 1980年代アメリカのインディーズ・シーンを席巻していたペイズリー・アンダーグラウンドなるムーヴメントガあるのですが、わっちはその系の音楽が大好きでありました(今も好きですけど)。R.E.M.だのレイン・パレードだのドリーム・シンジケートだのグリーン・オン・レッドだのバングルスだの、色々な連中がいて本当に面白かったんですよね~。そのペイズリー・アンダーグラウンドを語る時によく引き合いに出されていたのが、今回取り上げますザ・バーズであります。特にR.E.M.なんかはバーズと比較されることが多かったと記憶しております。R.E.M.の連中は、それをとっても嫌がっていましたけど。

 ペイズリー・アンダーグラウンド大好きなわっちでありますが、実はバーズを聞いたことはこれまで一度も無くて、機会があれば聞いてみたいとは思っていたものの、なかなかブツを入手出来なかったんですよね~。しかしこの度ブックオフの500円棚にて1965年のデビュー盤を発見し、これ幸いとばかりにゲットしたのでありました。基本的にバーズの盤なんて安棚に出て来ることなんてありませんから、めっさラッキーだったと思います。

 で、初めて聞いたバーズでありますが、めっさわっちの好きなタイプの音楽ですね。美しいメロディに柔らかなハーモニー、そしてちょいとサイケでドリーミーな12弦ギターの響きは、レイン・パレードと最初期のR.E.M.と足したような音楽性は、まさにわっちが好きにならないはずがないという音であります。1960年代中頃のフォーク・ロック・ムーヴメントの幕開けを飾ったと評価されている盤でありますが、こんなにも良い音楽なのであれば、もっと早く聞いておきたかったかな~って思いますね。

 基本的にわっちは80年代よりも前の洋楽(と言うか、ロックですね)に関しては知識も体験もスッポリと抜け落ちているのですが、こういう瑞々しいロックを聞きますと、温故知新と言いましょうか、もっと色々と聞かねばならんかな~って思いますね。わっちがとっても信頼しておりますおやぢ様のブログを参考にさせていただきながら、ボチボチと聞き進めて行けたらな~と思っております~♪
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL