FC2ブログ
2019’01.17・Thu

CDの山の中に埋もれていたブツ~TAN NHAN 「YEM DAO XUONG PHO」

ptannhan003.jpg

 実を言いますと、わっちはタン・ニャンってイマイチ苦手なんですよ。と言いますのも、いつでもどこでもパワー全開歌唱ですので、聞き疲れしてしまうからであります。その辺はベトナム巨乳娘のファム・フォン・タオと共通する部分があるのですが、ファム・フォンさんは若くて巨乳なので許します。しかしタン・ニャンさんは年増ですし巨乳じゃないので許さん・・・ってワケではないのですが、常にパワー全開で歌い上げられるのは聞き手としてはちょっとしんどいじゃないですか。とにかくメチャクチャに歌は上手いですし、本当に凄い歌手というのはよくわかるんですけど、やっぱりちょいと苦手意識があるのでございます。

 しかし、多分2013年発売のコチラの盤、バックの音がベトナム歌謡らしからぬ(?)ジャズ・マナーな演奏になっておりまして、めっさクオリティが高いんですよ。こんなにバックの音のクオリティの高いベトナム盤は、他にアイ・ヴァンの赤ジャケ盤かタイン・タオのテクノ盤、若しくはハー・チャンのロックな諸作ぐらいしか思い当たりません・・・って、他にも色々あるような気がしますけど。何にしても、これだけバックの音のクオリティが高ければ歌以外にも聞きどころが多々ありますので、常にパワー全開の歌であっても聞けてしまうんですよ。と言うか、何故わっちはこんなに物凄くクオリティの高い盤をこれまで埋もれさせていたのでしょうか?これまで多々聞いて来ましたベトナム歌謡の中でも十本の指に入る作品かと思います!
スポンサーサイト



Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL