FC2ブログ
2019’02.18・Mon

「モンゴルの響き[Ⅰ]ホーミーとオルティンドー」

phoomii001.jpg

 ホーミーなんて、音だけ聞いたって面白いはずがないんですよ。これまでわっちはそう思っていたんですよ。だからホーミーのブツなんて買う気も無ければ聞く気も無かったんですよ。しかしブックオフの280円棚にこのブツがありましたので、試しに買ってみたんですよ。280円だから別に失敗してもイイやって思ったんですよ。そんなんだから、何一つまるで期待せずに再生してみたんですよ。するとですね、これが意外にイイんですよ。ホーミーだからってホーミー単独でヤッテいるワケではなくて、モンゴル独特の弦楽器がバックについていますので、ちゃんと音楽として聞けるんですよ。ホーミー単独だったらとても聞いてられませんけど、コレだったら「あ~、何だかモンゴルの草原を思い起こすな~」などとグダグダ思いながら楽しむ事が出来るんですよ(行ったこと無いけど)。

 それにこのアルバムはホーミーだけではなくて、民族楽器のアンサンブルやら何だかよくわからない民謡、オルティンドーとか口琴や馬頭琴をバリバリにフィーチャーした曲なんかも入っていますから、独特の変わった音を色々と聞けて非常に興味深いんですよ。個人的にはモンゴルの音楽と言えば条件反射的に馬頭琴を思い浮かべてしまいますが、この盤は普通なら ほとんど耳にすることが出来ない色々な楽器の音色を楽しめるから、実にイイんですよ。ただですね、モンゴルの音楽って聞いていると眠くなって来るんですよ。別に退屈だから眠くなるってことではなくて、何だか妙に懐かしい響きがやんわり心地好くて、思わず意識が飛んで行って気付いたら寝てしまっていたなんてことになっているんですよ。心地好く寝る事が出来る音楽って、わっちは良い音楽だと思っているんですよ。だからモンゴルの音楽は、わっちにとっては良い音楽なんですよ。

 今回の盤は民俗音楽シリーズとしては名高いJVCワールドサウンズの中の1枚で、安心して楽しめる1枚に仕上がっていると思うんですよ。もし280円で見つかるような事があれば、迷うこと無くゲットして絶対に損は無いと言いますか、1000円ぐらいなら出す価値はあるかと思うんですよ。東アジアの音楽に興味がある人には、マストアイテムかと思っている次第なんですよ。
スポンサーサイト



Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL