FC2ブログ
2019’04.21・Sun

竹原ピストルのライヴに行って来ました!


ptakeharapsitol003_201904212226215d7.jpg
 昨日4月20日ですが、下関市民会館で行なわれました竹原ピストルのライヴに行って来ました。昨年は行く予定にしていた7月7日のライヴが大雨の為に延期になってしまい、振替公演には行けずに悔しい思いをしましたが、今回は無事に見ることが出来ました!昨年の振替公演は嫁さんが一人で行って、「とにかくメチャクチャ良かった!」と聞いていましたけど、実際に自分で体験してみて「これ程までに凄いのか!」と、とてつもない衝撃を受けてしまったのでありました。

 今回は嫁さんと一緒に行ったワケでありますが、下関市民会館に着きますとそこそこの人が集まっておりまして、年齢層はかなり高め。おそらく30代以降の人ばっかりって感じですね。10代とか20代の人は殆どいないように見えます。竹原ピストルの音楽って、若向けじゃないんでしょうか?まあ歌詞が説教臭いと感じる人も多々いらっしゃるでしょうから、今時の若い人には向いていないんでしょうね。前に行ったチャラン・ポ・ランタンのライヴよりも年齢層は遥かに高くて、もしかしたら50代以降の人が一番多かったかもしれません。う~む、もっと若い人達にも聞いてもらいたいな~。

 ライヴは17時開始だったのですが、予定時間丁度にステージが暗転して竹原ピストルとドラム女子&ベースおじさんの3人が登場。昨年は竹原一人の弾き語りツアーでしたが、今回はスリーピースのロックバンド形態であります。とは言っても竹原はエレキは一切弾かず(と言うか、ステージにエレキなんて置いてないし)、アコギしか使いません。基本的に弾き語りにベースとドラムの伴奏をくっ付けたという形式ですね。とりあえずは軽い挨拶程度といった1曲目が終わって、気分的にちょいと盛り上がって来たところで、2曲目からが凄かった!竹原ピストルの一番の武器は火山が噴火しているかのような声ですが、その声のパワーが本当に尋常ではないのであります!

 わっちはこれまでラーハット・ファテ・アリ・ハーンとか全盛期のユッスー・ンドゥールみたいな凄い声を持つ人のライヴを体験して来ましたけど、竹原ピストルの声の力はその誰よりも遥かに上だと思います。全身全霊全力で叩き付けて来るその声に、度肝を抜かれてしまったのでありますよ。直接心に響いて来るパワーが凄まじくて、歌詞がどーのこーのではなく、声だけで人を感動させるという感じであります。どちらかと言えば汚いダミ声の部類かもしれませんが、力強くて逞しくてしかも優しさに溢れていて、聞いていると心が浄化されて来るような気がして来るんですよね。とにかくあまりに感動的な声でありまして、何だか知りませんけど勝手に涙が溢れ出て来てしまいました。これまで色々な音楽を聞いて来ましたけど、こんな体験は初めてですね~。

 全部で30曲近く演奏しましたが、最初から最後まで一切手抜き無し。と言いますか、竹原ピストルという人は、手抜きするなんてことを知らないんだと思います。いつでも全身全霊全力で演奏する、ただそれだけをヤリ続けている人なのでありましょう。変な話ですけど、そんな姿を見てわっちは、竹原ピストルという人はおそらく神の使いというか天使であって、日本各地を浄化する為に全国津々浦々をドサ回りしているんだろうな~と思ってしまったのでありました。人や自然に対する敬意とか愛情を失いつつある現在の殺伐とした日本をお祓いする為に孤軍奮闘している、古事記なんかに出て来るような神の化身なんじゃないかな~とか思ったりして。今回のライヴを見終わって、わっちは神社を参拝した後のような清々しい気持ちと、新たな新鮮なパワーを注入してもらったような気分になったのでありました。

 いや~、本当に凄かったです、竹原ピストルのライヴ。CDを聞いてちょっとはわかったつもりになっていましたが、生の竹原ピストルはCDなんかに納まるようなモノではありませんでした。CDで聞いているだけでは、その凄さは全然わからないモンですね~。CDとかSPOTIFYなんかで音源を聞いてばかりいるのではなくて、ライヴを実際に体験するのも大事だな~と改めて思った、今日この頃なのであります。
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL