FC2ブログ
2019’04.25・Thu

THEA GILMORE 「STRANGE COMMUNICATION」

ptheagilmore001.jpg

 イギリスの歌手なのかアイルランドの歌手なのかよくわからず、名前の読み方もよくわからない歌手の、2009年のアルバムであります。名前は多分テア・ギルモアと読むんだと思います。これまでこの人のことは全く知らなくて、SPOTIFYサーフィン(?)をしている時に偶然見つけまして、その落ち着き払った素晴らしい歌声に一目惚れしてしまったのでありました。

 この人、過去にサンディ・デニーのトリビュート盤を出したことがあるそうで(SPOTIFYに入ってない!)、なるほど、言われてみればサンディ・デニーみたいな魅力を持った人だと感じられますね。サンディ・デニーみたいにハスキーな声ではありませんので、もしかしたらもっと耳馴染みは良いかもしれません。どちらかと言えば個人的には、ジューン・テイバーに近い資質を持った歌手のように感じられますが、ちょっとロック寄りの音楽性はサンディ・デニーの方が近いですね。どちらにせよ歌い口には本当に深みがあって、実に素晴らしいと思います。現在39歳らしいですが、もしかしたら年齢を重ねる毎に深みをまして行くタイプの歌手かもしれません。

 今回取り上げます作品は2009年盤ですので29歳の時のアルバムということになりますが、まあこの歌声には聞き惚れてしまいますね~。収録曲には無伴奏合唱があったり如何にもトラッドな静謐なモノもあったりしますけど、基本的には英国フォークをベースにしたロックですね。しかしこの歌声があれば何を歌っていようと、物凄く説得力があるって感じです。ぶっちゃけ言えば、ロックっぽい曲なんかヤラずにトラッドとかフォーク系の音楽で統一して欲しいと思いますけど、本人がこの路線の音楽が好きなんでしょう。

 それにしても、こんなに素晴らしい歌手が日本では全く知られていないというのが、本当に残念ですよね~。おそらくトラッドとかフォーク系音楽がお好きな方にも女性ヴォーカル好きにも殆ど知られていないんじゃないかと思いますが、人知れずこんな歌手が存在しているんですね(わっちが知らなかっただけ?)。とりあえずはコレを機会に、今後はちょくちょくこの人の作品をフォローして行きたいと思っております。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL