FC2ブログ
2019’04.28・Sun

CARTER THE UNSTOPPABLE SEX MACINE 「1992 THE LOVE ALBUM」

pcarterusm001.jpg

 ゴールデンウィークに突入したのは良いのですが、先週から喉の痛みが続いていて咳が結構出ますので、大人しく寝込んでおります。折角のゴールデンウィークなのに、遺憾な~。こんな時は音楽も聞かずにひたすら寝るのが良いのですが、SPOTIFYがありますので、ついつい聞いてしまったりして。で、ちょいと懐かしいのを見つけてしまいまして、それが英国のパンクポッロックバンド、カーターUSMの1992年盤であります。コレ、めっさ好きだったんですけどとっくに売り払ってしまいまして、その後買い直そうと思って色々探したんですけど結局見つからずにそのままになっていたんですよね~。こうやってSPOTIFYで見つかって、とっても嬉しい今日この頃。

 とにかくこの盤、ムシャクシャしてる時とかによく聞いていたんですよ。これを頻繁に聞いていた当時は銀行でカードローンの督促をヤラされていたんですが、督促の電話をすると延滞しているクセに逆ギレして怒鳴り散らしてくるヤクザ野郎がいて、ホント、仕事が死ぬほどイヤだったんですよ。ヤクザ野郎の電話番号も住所もわかっていましたので、待ち伏せして殺してやろうと本気で考えていたあの頃。そんな時によく聞いていたのがこのアルバムだったんですよ。ポップなメロディに過激な歌詞を載せて歌うパンクポップが、荒れに荒れていたわっちの心をちょいと救ってくれたのでありました。

 というワケで(?)、懐かしくついつい聞いてしまったこのアルバム、やっぱりよく出来ていますね。ポップでカワイイメロディに切々と歌う下手っぴーなおっさんヴォーカル、コレが実にイイんですよ。今聞いたら勢いのあるポップなロックとして客観的に聞けますし、イギリスらしいヒネリとかユーモア感覚があるちょいイヤミなポップスとしては、ビューティフル・サウスなんかと並んでとっても面白いかな~って気がしますね。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL