FC2ブログ
2019’05.21・Tue

ANNETTE 「HAWAIIANNETTE」

pannette002.jpg

 大昔のアメリカン・アイドル、アネットの1960年のアルバム、「ハワイアネット」であります。実はこのブツ、1992年にリイシューされた時にカワイイジャケに一目惚れして秒速でゲットしたんですけど、顔に似合わぬ(?)品の無い歌声と聞くに堪えない下手クソな歌が気に入らず、すぐに売り払ったんですよね~。その後「実に勿体無いことをした」と思って買い直そうとしたものの時既に遅し、市場に出回らぬ幻の盤になったのでありました。まあそれ以降たまに見掛けることはあっても、3000円近いプレ値が付いていたりして、とても手を出せる状態ではなかったんですよね~。しかし、先日の令和初の関西旅にて、900円で棚に入っているのを見つけまして思わずゲットしてしまいました!

 久~し振りに聞く「ハワイアネット」ですが、声の品の無さも歌の下手クソさも相変わらずですけど、他に色々と変なモノを聞きまくって来た現在の耳で聞きますと、普通に良く出来たポップスかな~って気がしますね。古き良きアメリカのノーテンキポップスを味わえると言いましょうか、まあ可愛ければ何でもいいじゃん的な気分でパッパラパーっと楽しめるのがよろしいかと思います。やっぱりアイドル・ポップスはこうじゃなくっちゃね~という、見本のような作品かと思います。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころん 様

いいですよね、「ハワイアネット」。
正直、ジャケ写を眺め、「パイナップル・プリンセス」だけ聴いて終わりなんてパターンも多いのですが、大好きな1枚であることに変わりはありません。
ジャケット鑑賞用にLPが欲しい気もしますが、結構なプレ値が付いてそうですよね。
ちなみに、現在オールデイズレコードからお手頃価格の紙ジャケ盤もリリースされているようです。

おやぢ:2019/05/22(水) 21:49 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
まずはジャケが素晴らしく良いですよね。おしゃる通り、LPサイズで持っておきたいところであります。まあLPなんてとんでもない高値が付いているでしょうから、とても手を出せませんけど。
お手頃紙ジャケ盤の存在は知りませんでしたが、こういう盤はいつでもすぐ入手出来るようにしておいて欲しいものだと思います。

ころん:2019/05/22(水) 22:53 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL