FC2ブログ
2019’05.23・Thu

NONARIA

pnonaria001.jpg

 インドネシアの女性3人組グループ、ノナリアの2017年盤であります。結構評判になったアルバムですが、プランテーションにてようやくゲットであります。このブツですが、インドネシア音楽ファンよりも寧ろ欧米とかのポップス・ファンにウケが良かったようで、「へ~、インドネシアにこんなポップスがあるんだ~」って感じで、普通のポップス・ファンにかなり売れたそうです。確かにこのノスタルジックなオールディーズっぽい音楽性は、古き良きアメリカン・ポップスなんかがお好きな人にはたまらない魅力があるでしょうね。日本やタイ、欧米にはこの手の音楽をヤッテいる連中はいますけど、インドネシアからこんなグループが出て来るなんて誰も思っていなかった?

 まあ音楽的には上記で申し上げた通りのノスタルジック・ポップスでありまして、非常に心地好い響きとスウィング感があると思います。どうやってもハズレない音楽でありますが、今の時代だからこそ更に魅力的に輝いているんでしょうね~。最近良いポップスが無いんだよね~とお嘆きの貴兄に、真っ先にオススメ出来る作品に仕上がっておりますよ!ただ、わっちみたいなヘンなモノ好きには、あまりに良く出来過ぎていてそこが面白味に欠けるなんて感じられるのも事実でありまして、素直に音楽を聞くことが出来なくなっている自分の耳を反省したりするのでありました。
スポンサーサイト



Categorieインドネシア  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
ころん 様

これは名盤ですね。
個人的には、去年の年間1位に選んだくらい好きな1枚ですが、面白味に欠けるという意見があるのも分かる気がします。
確かに表面上は欧米のポップスとの違いが分かりづらいですからね。
同じ、インドネシアのMoccaとかHivi!なんかもその口かな。
後は、音楽の裏にある精神性とかに同調できるか否かというのがポイントになってくるのかも知れませんね。

おやぢ:2019/05/25(土) 14:02 | URL | [編集]

おやぢ様
こんばんは。
おっしゃる通り確かに名盤ですよね。誰にでも楽しめるステキな音楽だと思います。
ただ、インドネシアには他にも素晴らしい音楽がたくさんありますので、コレばっかりが売れいているなんて話を聞くと、「他のインドネシア音楽も聞いて欲しい~!」なんて思って、素直に楽しめなくなってしまったりして…。

ころん:2019/05/26(日) 18:36 | URL | [編集]

タイのラ・オン・フォンみたいな感じですか?
YouTubeでチェックしてみます。

masahiro:2019/05/27(月) 17:30 | URL | [編集]

>masahiroさん
こんばんは。
ラ・オン・フォンみたいな渋谷系ポップスではありませんが、ノスタルジックな温故知新型ポップスであります。なかなかにステキですよ!

ころん:2019/05/27(月) 21:16 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL