FC2ブログ
2019’06.16・Sun

SPOTIFYばっかりヤッテていて

psofiapapazoglou001.jpg

 先月プランテーションとかディスク・ユニオンで買って来たCDを全然聞いていないので、コレでは遺憾でしょうってことでボチボチと聞き始めております。基本SPOTIFYをヤッテいたらCDなんてもう全然必要無くなってしまいまして、CDには見向きもしない状況であります。う~む、こんなことになるなんて全く考えてもいなかったですね~。でもSPOTIFYで色々と山ほど聞けるので、めっさ嬉しい~。

 とは言いつつもゲットしたCDはキッチリと聞いて成仏(?)させなければなりません。というワケで先日プランテーションでゲットしたギリシャ盤を聞きました。何ちゃらいう歌手が何ちゃらいう作曲家の曲を歌った、1996年の何ちゃらいうタイトルのアルバムです。ギリシャ語表記しかないので全く読めません。どうしよ~と思っていたら、そう言えばその昔、オーディブック・シリーズで「ギリシャ音楽入門」というのをゲットしていたことを思い出しました。確かアレにギリシャ文字にアルファベットを当てはめた一覧表があったよな~ってことで、棚から引っ張り出して来ました。見てみたらやっぱりありましたよ変換表が!ということで早速当てはめてみると、このブツの歌手はソフィア・パパゾグルーと読むようです。知ってるような知らんような名前ですが、まあ歌手名がわかりましたので良しとしましょう。

ギリシャ音楽入門
pgreekmusic001.jpg

 で、内容の方はと言いますと、コレがめっちゃくちゃにイイんですよ!現代的なギリシャ・ポップスとは違っていて、ライカなんかの伝統的な味わいをシッカリ残した、アコースティックな美しい音楽であります。弦楽四重奏的な、ちょいとクラシック的な感覚もある音楽だと感じられますね。ソフィアさんの歌にはそんな音楽性に合った、女性らしい柔らかくて優しい響きがありまして、何もかもが美しいという仕上がりになっているかと思います。ギリシャの歌手ってしかめっ面した塩辛い歌を聞かせる人が多いという印象があるんですけど、ソフィアさんはそんなところが無くて実に聞きやすいと思います。もしかしたら本格派のギリシャ音楽ファンには物足りない歌に感じられるのかもしれませんが、わっちみたいなギリシャ音楽シロートにはピッタリの歌手ですね!

 う~む、流石にプランテーションの店長さんがオススメして下さったブツですね~。本当に間違いが無いと言いますか、わっち好みのモノをお教え下さいますわ。素晴らしい内容の作品だと思います。もしかしたらギリシャ音楽ファンの間では有名な盤なのかもしれませんが、今更ではあってもこんなステキなブツに出会うことが出来てとっても嬉しい今日この頃。もしかしたらSPOTIFYにもあるのかもしれませんけど、SPOTIFYで自力で色々探すとどうしても偏りが出て来てしまいますので、なかなか出会えない音楽ってありますからね~。知識のある方に色々とお教えいただけるのは、本当に有り難いことだと実感致します。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL