FC2ブログ
2019’07.02・Tue

LORI WATSON 「YARROW ACOUSTIC SESSIONS」

ploriwatson001.jpg

 スコットランドのフォーク~トラッド系歌手、ロリ・ワトソンの昨年発売のアルバムであります。全く知らなかった歌手ですが、SPOTIFYサーフィンで見つけまして、ちょいと聞いてみたところなかなかによろしくて、今回取り上げる次第であります。とりあえずは全然知らない歌手ですので、「ロリ・ワトソン」でネット検索したところ、子供の頃のエマ・ワトソンの画像が色々と出て来たぞ?そんなモンいらんっちゅうねん!そっちのロリなワトソンじゃなくて、わっちが欲しいのはロリ・ワトソンという歌手の情報ですよ。

 コチラのアルバムですが、ゲット出来た数少ない情報によりますと、英国の新聞ガーディアン紙が選んだ2018年のフォーク・アルバムベスト10の第2位だったそうです。へ~、地元では高く評価されているんですね。日本での知名度は無いに等しいかと思いますけど・・・って、それを言ったら英国のフォーク歌手なんてほぼ100%知名度ゼロですな。考えてみたら、わっちは毎日毎日何てマニアックな音楽を聞いているんだろうと、しみじみ実感してしまいますね~。まあわっちの音楽好きは病気だから仕方ないんですけど♪

 このアルバムの内容はもちろんフォーク~トラッド系なんですけど、音を聞いている限りではどちらかと言えばイングランド・トラッドっぽく聞こえますね。簡素なバックの演奏に淡々とした歌い方は、コレをイングランド・トラッドと言わずして何と言う?って感じであります。しかし、叙情的なメロディはやっぱりスコットランドっぽいかな~という気もして来ますし、なかなかに興味深い音楽に仕上がっていると思います。まあどっちにしたって良い歌、良い曲、良い演奏の3拍子揃った作品ですから、何だってイイんですけどね。

 あと、ロリさんって既に23枚の作品をリリースしているそうで、それがアルバムのみなのかシングルを含むのかは知りませんけど、結構精力的に働いているみたいですね。それだけ安定した人気があるということなんでしょう、きっと。シッカリした実力を持った「麗しの歌姫」という呼び名が相応しい歌声の持ち主ですから、人気があるのも当然かと思いますけど、実力がある人が正当に評価されて人気を得ているというのは、実にイイことですよね~。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころんさん。
ロリなワトソン、ウケました。

自分も、一体どんなものなのか気になり、先日ついにSPOTIFYに入ってしまいました。
これ、すごいですね。何を検索しても、ほぼ間違いなく出てきます。
これだけの音源に瞬時にアクセスできるとなると、それはCDも売れなくなりますよね。
いつの間にか、世の中に、こんな恐ろしいものが構築されていたなんて全く知りませんでした。
これは、今までの音楽の聴き方を変えないといけないかもしれません。
でも、CDを全く買わないというのも、寂しいですよね。
悩みの種が、また一つ増えてしまいました。

masahiro:2019/07/04(木) 18:15 | URL | [編集]

>masahiroさん
こんばんは。
おおっ、ついにSPOTIFYデビューですか!コレって本当に凄いですよね。ほぼ何でもかんでも聞ける状態ですので、ワタクシは全くCDを買わなくなってしまいました。おっしゃる通り、こんなモンがあればCDなんて必要無くなりますから、売れるはずがありません。
超便利な反面、コレが本当に音楽業界にとって良いモノなのかどうかは、ワタクシにはまだ判断がつかないところであります。
でも通常であれば入手不可能な作品も、SPOTIFYだったら簡単にアクセス出来ますから、個人的にはその喜びの方が大きいんですけどね~。

ころん:2019/07/05(金) 01:11 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL