FC2ブログ
2019’06.28・Fri

ANGELIQUE KIDJO 「CELIA」

pangeliquekidjo002.jpg

 アフリカが誇る怪女(?)アンジェリーク・キジョーの、今年発売のアルバム「セリア」であります。セリアと言っても100円ショップのことではなくて、ラテン音楽界の大歌手セリア・クルースのことであります。コチラのアンジェリークさん、昨年はトーキング・ヘッズの名作との誉れ高い「リメイン・イン・ライト」(聞いたこと無いな~)を丸ごとパクって、好き者の間で大変な評判となりましたけど、今回はラテンの大歌手のモノマネをやらかしたワケですから、なかなか愉快な人でありますな。

 ジャケットからしてセリア・クルースに成りきっていますが、歌声の方もセリアに似せようとしていると感じられます。比べてみればアンジェリークさんの歌はあまり品が無いように感じられますけど、低くてちょいと硬い歌い口はセリアと共通していまして、少しは健闘しているように思いますけど、如何でしょうか?この歌、わっちは嫌いではありません。

 歌の方はセリアのモノマネって感じはしますけど、対照的にバックの演奏はラテン音楽なんぞ何処吹く風みたいな音を聞かせますね。ヤッテいる音楽はラテン音楽ですから、勿論ラテン音楽の雰囲気は濃厚に放っています。しかしですね、ラテンのフレーズを鳴らしてはいてもエレキギターやエレキベースは完全にロックバンド仕様でありまして、ラテン音楽の繊細さや優美さなんぞはコレっぽっちもありません。でもこの騒々しいハチャメチャ加減が実に面白いと思います。

 ただ、ちょっとわっちの好みではないのがドラムの音であります。セカセカと落ち着きの無いリズムを刻むドラムが、妙にケーハクで薄っぺらく感じられるんですよ。このドラムはトニー・アレンが叩いているらしく、ワールド・ミュージッカーの方々には評判が良いようです。しかしこのおっさんって、わっちの苦手なフェラ・クティのとこでドラムを叩いていた人ですし、もしかしてわっちのフェラ・クティ嫌いはこのおっさんのドラムが原因の一つかも?な~んて思ったりして。とは言っても、ロックで騒がしいこのアルバムの仕上がり自体はとても面白いですし、ついつい繰り返し聞いてしまう魅力があると思います。
スポンサーサイト



Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL