FC2ブログ
2019’07.06・Sat

THE WAILIN’ JENNYS 「FIFTEEN」

pwailinjennys001.jpg

 カナダの女性3人組コーラス・グループ、ウェイリン・ジェニーズの2017年発売の5枚目のアルバムです。メンバーはソプラノのルース・ムーディ、メゾ・ソプラノのニッキー・メータ、アルトのヘザー・マスの3人ですが、一体誰?見たことも聞いたことも無い連中であります。たまたまSPOTIFYサーフィンで見つけたのですが、何だか実にイイ感じのコーラスでしたのでジックリと聞いてみた次第であります。ちなみにこの連中はブルーグラスのグループと認識されているらしく、本作は2017年のビルボードのブルーグラス・チャートで第1位になっているんだとか。へ~、そんなに人気がある連中なんですね~。全然知りませんでした。ちなみにタイトルの「フィフティーン」ですが、結成が2002年ですので15周年ってことでこんなタイトルになったようです。

 この連中の音楽ですが、聞いている限りではブルーグラスという感じではないんですよね。アコースティックな弦の響きを基調とした、ゆったりシットリしたスロー・テンポの曲が中心のフォーク・ミュージックという感じですね。中には見事なコーラスワークを聞かせる無伴奏シンギングのフォークやゴスペルもあったりして、コーラス・グループとしての底力を感じさせます。日本では全く知られていないグループでしょうけど、この滑らかで美しい声の響きは、女性コーラスがお好きな方だったら間違いなく気に入っていただけるかと思います。

 それにしても、この素晴らしいコーラス・ワークは聞くほどにクセになりますね。全9曲中無伴奏が3曲もあるぐらいですから本人達もコーラスに余程の自信があるんでしょうけど、このコーラスを生かす為に音作りを簡素に徹し切った制作陣の潔さもステキです・・・って、調べてみたらセルフ・プロデュースでした。そりゃあコレだけ歌の実力を持った連中ですから、自ら余計な音なんて入れませんわな。何にせよ見事な作品でありまして、繰り返し何度も聞きたくなる傑作に仕上がっていると思います!
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL