FC2ブログ
2019’07.17・Wed

COSTA CARIBE 「SIN FRONTERAS」

pcostacaribe001.jpg

 ベネズエラのグループ、コスタ・カリベの1992年のアルバムで邦題は「国境なきカリブ」であります。このグループの作品は他に「カリブの素朴画」というタイトルのアルバムも日本発売されていますが、その内見つかればイイな~と思っております。ベネズエラの音楽と言っても日本ではグアコぐらいの情報しかありませんし、SPOTIFYで探すにしても基礎的な知識がありませんのでなかなかに見つけるのが難しいんですよ。とりあえずは過去に国内発売された数少ないベネズエラ音楽の作品を探すという形にならざるを得なくて、ですのでこのグループの盤は前から探し続けていたんですよね~。それが5月の関西の旅で運良く見つけることが出来ましたので、嬉しい限りであります。

 ベネズエラってとにかく色々な音楽があって、なかなか捉えどころが無い国ではあります。また、クンビアみたいな親しみ易い音楽があるお隣のコロンビアとは違って、ちょいと格調の高さみたいなモノが感じられる白人系音楽のホローポとか、ややこしいリズムが特徴の黒人系のガイタ等々、一種の近付き難さみたいなモノが感じられるような気もします。別にそれは悪いことではないんですけど、例えば以前取り上げたことがありますアンサンブル・グルフィーオみたいな学究肌な感覚が、ベネズエラ音楽への近付き難さの一因かな~という気は致します。このコスタ・カリベはアンサンブル・グルフィーオに比べれば遥かに親しみ易いですし、無条件に楽しい音楽だとは思いますけど、やはり学者さんが学究肌に音楽を追及しているという感覚があるんですよね~。まあそういうお国柄なんでしょうね、多分。

コチラがアンサンブル・グルフィーオの盤
pensamblegrrufio001_20190707111546583.jpg

 わっちは個人的にはベネズエラ音楽のそんな感覚は大好きでして、このボログでもアンサンブル・フルフィーオは大絶賛しましたし、勿論このコスタ・カリベも好きです。コスタ・カリベって他のラテン諸国の音楽をさり気なく取り入れつつも、ベネズエラ的な格調の高さでサラリとスマートな感覚で演奏してしまう技術力も素晴らしいですし、それでいながら大らかな開放感が全く失われないところもステキです。それに、好きで音楽を追求している学生みたいなアマチュアっぽい感覚もあるような気がしまして、嬉々として音楽を演奏しているように感じられるんですよ。この連中のそんなところが好ましいな~と感じている、今日この頃なのであります。
スポンサーサイト



Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL