FC2ブログ
2019’07.29・Mon

KATIA GUERREIRO 「SEMPRE」

pkatiaguerreiro004.jpg

 ぶっちゃけ言いますと、わっちはファドってイマイチ苦手な音楽なんですよ。声を張り上げて歌うスタイルがそもそも好きではありませんし、簡素でモノトーンなバックの演奏もあまりバリエーションに富んでいなくて、どれを聞いてもあまり変わらないな~なんて感じてしまうワケでございます。だったらファドなんて聞かなければイイじゃんって話ですが、だからって簡単に切り捨てられない魅力があるのも事実でありまして、わっちのファドに対する気持ちは何だか妙に複雑なのであります。

 そうは言っても中には無条件に好きなファド歌手がいたりするのですが、それがこのカティア・ゲレイロであります。まあ何よりもめっさ美人さんってことが一番大きな理由でありますが(わっちはまずはルックスから入りますので・・・)、あまり声を張り上げない凛とした歌い口も好みなんですよね~。ファド・ファンの方々が最高に評価していると思われるジョアナ・アメンドエイラも確かにイイんですけど、わっちはカティアさんの方が好きですね~。

 とりあえずファドってバックの演奏にしても楽曲にしても、ハッキリ言ってそれほどバラエティに富んでいるワケではありませんので、歌手が好みかそうでないかで評価が分かれるモノだと思います。そうなるとわっちはアマリア・ロドリゲスみたいな声張り上げ系よりも、張り上げない系の方が好きなんですよ。カティアさんのちょっと低い落ち着き払った歌声は、今流行の(?)スモーキー・ヴォイスと言って良いでしょうし、控え目な歌い方がかえって内に秘めた情熱をヒシヒシと感じさせます。そして特に今回の2018年発売のアルバムは、歌も良ければちょいとポップな感覚のある楽曲も粒揃いで、極めてわっち好みのファドに仕上がっているのでありました。これは相当なステキ・ファド盤だと思いますよ!
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL