FC2ブログ
2019’09.27・Fri

AMBUYA NYATI 「ZIMBABWE:SHONA RITUAL MUSIC」

pambuyanyati001.jpg

 アフリカの極楽音楽と言えばコンゴのリンガラ、シエラ・レオーネのパームワイン・ミュージックがありますが、ジンバブウェのショナ族のンビーラも忘れてはいけないですよね~。その昔、ショナ族のンビーラと題されたアルバムがCDで復刻された時はわっちも飛び付きましたけど、その哀感溢れる美しい響きにはシンミリと聞き入ったものでありました。極楽音楽とは言っても、リンガラやパームワイン・ミュージックみたいな明るい陽性の音楽ではなくて、ンビーラの場合は内省的な哀愁漂う陰性の音楽と言えるかと思います。しかし陽と陰の違いはあるとは言え、わっちにとってはやはり極楽音楽なんですよね~♪

ちなみにンビーラとは音楽のジャンルの名前ではなくて、アフリカ地域に広く分布する、所謂親指ピアノという楽器のことです。ただ、他の地域の親指ピアノとは違って、ンビーラは木の板に鉄の鍵盤を取り付けてあるだけで共鳴箱を持っていませんので、半球型の大きなお椀みたいなものの中で演奏して音を共鳴させるという特徴があります・・・って、そんなことご存知ですよね。失礼致しました~。

 それにしてもンビーラの音って、何故こんなにも美しいのでしょうか?コロコロと転がるような優しくてカワイイ響きと、爽やかな風と共に漂って来るような哀愁が特徴なワケですが、木琴にも似たその音は誰の耳をも捉えてしまうのではないかと思います。この音は「快楽」と感じられるように、最初から人間の遺伝子に組み込まれているのでは?な~んて思ったりもして。

 ところで今回の演奏者でありますアンブヤ・ニャティなんて人は、わっちはこれまで全く知らなかったのでありますが、SPOTIFYサーフィンをしていたら偶然出くわしてしまいまして、そのあまりの素晴らしさに酔い痴れているワケでございます。このアルバムはかの有名な(?)フランスのオコラ・レーベルから2013年にリリースされたのですが、こんなにステキなンビーラのアルバムを聞くのは、ドゥミサニ・マライレとエファット・ムジュールによる「ショナ・スピリット」以来ですかね~。ンビーラのアルバムはこれまで何枚も聞いていますけど、その中でもコレはトップクラスの極上の作品と言って良いかと思います。思わず「全人類必聴のアルバム」なんてことを口走りたくなってしまう、今日この頃なのであります。
スポンサーサイト



Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL