FC2ブログ
2019’11.17・Sun

「韓国人による震韓論」を読みました!

psincerelee004.jpg

 またシンシアリー氏が韓国について書かれた本ですけど、これでシリーズ4冊目になりますね。発売は2015年ですから、既に4年前の本ですが、今読んでも新鮮であります。相変わらずわかりやすい文章で、ためになる情報満載であります。まあこういう本は実際に読んでいただくのが一番良いワケですので、ネタばらしは致しません。今回の内容で一番印象に残っているのは、「韓国人は『恨(ハン)』の民族」であることを説明しておられる部分なんですけど、次のような記述であります。

「『悪』を設定することで、自分が『善』になれます。『歪(下)』を設定することで、自分が『正(上)』になれます。逆に、相手を赦せば、自分の格が下がります。だから赦しません。言い換えれば、恨(ハン)は、永遠に赦せないから終わらないのではなく、赦そうとしないから終わらないのです。」(P75)

 まあ上記文章の前の文脈を知らないとワケわからないかもしれませんけど、わっちは深く納得してしまったのでありました。是非多くの人々に読んでいただきたい本であります。あと、韓国関連では個人的に下記の本を読んでみたいですね~。

「THE NEW KOREA」
pthenewkorea001.jpg

「反日種族主義」
phannichishuzokushugi001.jpg
スポンサーサイト



Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL