FC2ブログ
2019’12.05・Thu

中村哲医師死亡

pnakamuratetsu001.jpg

 アフガニスタンで医療活動を続けて来られたペシャワール会の中村哲医師が、アフガニスタンにて銃撃を受けてお亡くなりになりました。個人的につい数日前に中村先生の本「辺境で診る 辺境から見る」を読んだばかりでしたので、とてもショックです。わっちの地元の福岡市出身の方でもありますし・・・。医療活動だけでなく、アフガニスタンの現地の人達と井戸を掘ったり灌漑設備を作ったりと、とにかく実行あるのみの本当に物凄い偉人だったと思います。わっちのイメージとしましては、行動力のある優しい哲学者という感じでしたかね~。まだ志半ばだったのかもしれませんが、やるだけのことはやり切ったという清々しい気持ちで逝かれたのだと思いたいです。何にしても、ご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト



Categorieその他  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
ころん 様

>やるだけのことはやり切ったという清々しい気持ちで逝かれたのだと思いたいです。

ペシャワール会の話によると、あと20年は頑張ると中村先生はおっしゃっていたようなので、無念のお気持ちの方が強かったんじゃないでしょうか。
それにしても、タリバンは関与を否定していますが、このような犯行に及んだ犯人は憎んでも憎みきれませんよね。
日本の生んだ偉人、中村先生のご冥福をお祈りいたしたいと思います。

おやぢ:2019/12/06(金) 22:24 | URL | [編集]

ご無沙汰しています。
これは本当に痛ましい事件ですね。心が痛むなんてものじゃありませんでした。ご冥福をお祈りいたします。

Bach Bach:2019/12/07(土) 01:28 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
もちろん無念のお気持ちもあるでしょうけど、こうなることも覚悟の上で活動されていたでしょうから、誰を恨むでも憎むでもなく、悔しいとか思うことも無く、安らかな気持ちで逝っていただきたいと思います。本当に聖人のようなお方でしたので。
実際に犯人はどこの誰なのかはわかりませんし、憎んでも憎み切れないとは思いますけど、先生だったら「これが私の運命なのだから、犯人を憎んだりしないでね」と言われるような気がします。
中村先生、本当に素晴らしい人でした。改めてご冥福を祈りしたいと思います。

ころん:2019/12/07(土) 01:38 | URL | [編集]

>Bach Bachさん
こんばんは。
本当に残念な事件だと思いますし、個人的にもメチャクチャにショックでした。でも先生が蒔かれた種は、アフガニスタンで見事に花開くと信じたいです。

心からご冥福をお祈りしたいと思います。

ころん:2019/12/07(土) 01:47 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL