2007’10.24・Wed

MAMEAW 「TO BELOVED」

gmameaw001.jpg


 ついさっきまでパーンとカラバオが共演した2枚組ライヴ盤を聞いていました、ころんでございます。やっぱりエエなあ、などと思いつつ棚を漁っていたら出てきてしまいました、タイのロリロリ・アイドル、マミアウ(と読むのかどうかは定かではありません)の05年のアルバム。当時、多分14~5歳だと思います。ロリ好きの人なら、このジャケ一発でヤラれてしまうのではないでしょうか?とても可愛らしい娘ではあるんですけどね~、ガキのクセに色気づいた顔しやがって…。


 見た目も子供ですが、中身の方もお子様アイドル・ポップスそのものであります。舌足らずな子供の声でお手軽なお子様ポップスを歌っていて、製作側もやる気があるのか無いのかわからないようなお手軽で薄っぺらなバックの音作りをしています。だからこんなものは聞くに堪えない…ということにならないのがこのブツのクセモノたるところであります。テキトーに作ったはずのお子様ポップスなのに、あまりにヘッポコ過ぎて、かえって猛烈に暴力的な脱力パワーを持つに至ってしまったという、摩訶不思議な怪盤なのであります。


 本作がこのような怪盤になってしまったのは、この娘の歌によるところが大きいでしょう。ガキのクセに妙に艶かしくて、大人を手玉に取るような歌なんですよね。「ねえおぢさん、あたしってロリロリで可愛いでしょ?あたしは甘い甘~い砂糖菓子♪一緒に遊びましょ!」なんて雰囲気ですね。甘えるような、誘うようなお子様声で歌われる歌は蜜の味?いやいや、人工甘味料でギトギトの、猛烈に毒々しい色をしたお菓子ですよ。大人はこういうイケナイ娘に騙されて夢中になってしまってはいけません。え?そう言うお前はどうなんだって?私にはブアちょんがいますので、こんなアブナイ娘に騙されることはありません、多分…。


 とまあ冗談はさておき、このアルバム、面白いブツであることに間違いはありません。タイ語の可愛らしい響きを十分に楽しむも良し、タイのヘッポコ・ポップスの真髄を味わうのも良し、可愛いジャケを部屋に飾るのもパソコンの壁紙にするのも良し、色々な楽しみ方が出来るお得盤です。特に「タイ語の響きって可愛い!」と思っている方にはお薦め致します。ルックスも可愛いですが、歌も本当に可愛らしいですから。


インナーの写真。ちょいベッキーに似てるかも。
gmameaw002.jpg



こちらはマミアウ・キャラ。結構本人に似てますね。
gmameaw003.jpg

スポンサーサイト

Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ちょっと 来てみましたよー!
始めましてプカプカです。
70年代のロック好きのおばさんなので よろしく~。今日の片桐さんの焼そばみましたか?
焼そばにも 納豆入れてしまうプカプカでした。よろしく!

プカプカ:2007/10/25(木) 17:24 | URL | [編集]

>プカプカさん
いらっしゃいませ~、ようこそ!東南アジアの泥沼にハマっている、ころんでございます。70年代ロックがお好きなのですね。プカプカさんがお好きそうな音楽を取り上げることはあまり無いかもしれませんが、懲りずにお越しいただけたら嬉しいです。今後とも宜しくお願い致します。
片桐先生の焼きそばネタ、見ました。さすがに焼きそばに納豆を入れたことはありませんが、是非試してみたいと思います。

ころん:2007/10/25(木) 21:55 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL