FC2ブログ
2020’04.02・Thu

KATE KELLY 「THE WONDER OF IT ALL」

pkatekelly001.jpg

 アメリカのシンガーソングライター、ケイト・ケリーの2018年発売のアルバムであります。これまで全く知らなかった人ですが、SPOTIFYでシンガーソングライター系の音楽を色々と探している時に出くわしました。シンガーソングライター系とは言ってもこの人の場合はアコギ弾き語りのフォークっぽいモノではなくて、ジャズとかソウルなんかの風味を持ったちょいとオッサレーな感覚がある音楽であります。雰囲気的にはフィリピンやインドネシア辺りで人気があるAOR系の洒落たポップスに似た感じですね~、などと言ったところで話が通じる人なんて、日本には27人ぐらいしかいないかもしれませんが。

 まあAORとは言っても、ロックよりはジャズとかポップスの要素の方が強いですし、雰囲気としては温故知新的な音楽と表現した方が良いかもしれませんね。基本的にわっちはその手の音楽が好きですので、ケリーさんの音楽も当然好きなワケでありますが、ケリーさんの無邪気で萌え~な心温まる可愛らしい歌声と、親しみ易い美メロの組み合わせに、思わず心も顔も緩んでしまうって感じですかね~。決して上手い歌手ではないんですけど、人の良さそうな歌声ですので、個人的に好感度はめっさ高いのであります。こんな声の持ち主は一体どんなルックスなのか、ジャケ写ではイマイチわかりにくいですのでネットで検索してみますと、そんなに美人ではないにしても、ブサイクでもなければババアでもなく、一安心(?)って感じでした。

美人ではありませんが。
pkatekelly002.jpg

 ケリーさんって日本ではまだ全然知られていない歌手のようですが、ノラ・ジョーンズみたいなジャズっぽい歌手がお好きな人であれば、間違い無く気に入っていただけるかと思います。まだあまり知られていない歌手を秘かに楽しむ、な~んて嗜好がある人には是非オススメしたいですね~。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL