FC2ブログ
2009’04.25・Sat

徒然なるままに その4 プランテーションのこと

 ワタクシのブログで頻繁に名前が出てくるショップと言えば、プランテーションとネット・ショップのサリガレコードであります。今回はプランテーションのことをネタにしてみようかと思います。「プランテーションってどんな店だ?」と思っている方に、少しでもおわかりいただけたらと思います。


 大阪は心斎橋のプランテーションに初めて行ったのは、06年の春のことでした。ネット情報でプランテーションというアジア音楽に強い店があるということを知り、とにかく行ってみようと思ったのでした。


 地下鉄御堂筋線の心斎橋駅から徒歩1~2分程、雑居ビルのエレベーターを上がって店の前に来ると、店に入るのに少々躊躇してしまいました。だって事務所の一室みたいなところなんだもん♪まあドアは開いていて透明な暖簾がかかっているだけの状態ですから、昔の芽瑠璃堂みたいに閉じた鉄のドアを自分で開けて中に入る状態ではありませんので、まだマシです。中にはお客さんが一人いましたし、思い切って店に入ってみました。でもお客さんが誰もいなかったら、もしかしたら入れなかったかも?だってワタスは気の小さい小市民だもん♪


 店に入ると、そこには見たことも無いようなアジアのブツがズラリと並んでいる、まるで宝の山のような景色が広がっていました。アジアだけではなくて、アフリカとかアラブとか他の地域のブツもあります。メガネをかけたヒゲの店長さんは、お客さんとアルゼンチン音響派について色々と話をされていました。何だか色んな趣味の人がいるもんだな~と思いつつ、ブツを物色していました。


 しばらくすると話が終わったようで、音響派の人はヘッドフォンで大人しく試聴を始めました。店長さんは私に、「他にも色々ありますから、探してるものがあったら言って下さいね~」と声を掛けて下さいました。見たことも聞いたことも無いブツばかりでワケがわからなかった私は、店長さんに話掛けてみました。「東南アジアで何かオススメはありますか?」と。すると店長さん、「東南アジアと言われましても色々ありますからね~、どんな感じのがお好きなんですか?」と。そこからダンドゥットやらルークトゥンやら色々な話が広がっていきました。


 ダンドゥットはCDでのリリースがほとんど無く、今のダンドゥットを把握するにはカセットじゃないと難しいとか、今のダンドゥットは(レイノルド&カメリアの)カメリアの05年のアルバムを聞かないと語れないとか、マレーシアのダンドゥットは全然ダメになってしまったとか、非常に興味深い話ばかりでした。


こちらがカメリアの05年のブツ。オススメする店長に対し、「カメリアは歌が下手だから嫌い!」と言い放ったのは、このワタクシです。
pcamelia001.jpg


こちらがマレーシアのダンドゥットの代表的歌手、アメリーナの94年のブツ。
pamelina001.jpg


 ルークトゥンに関しては真っ先にパーンとカラバオの競演盤と、スナーリーとカラバオの競演盤をオススメされました。特にスナーリーの方は、今やタイ現地で探してもほとんど見つからない、かなりの貴重盤だというお話でした。スナーリーに関しては「実はこんなものもあるんですよ」と、昔のカセット時代の音源を10枚シリーズで復刻したCDの何枚かを出して下さって、「これはもう二度と手に入りません」と一言。うーむ、興味をそそられる~!「聞いてみます?」とのお言葉に、当然「はい!」と返事をして、色々と聞かせていただきました。


スナーリーとカラバオの共演盤。傑作です。
psnaree001.jpg


スナーリーの昔の音源復刻盤の内の一枚です。
psnaree002.jpg


 また、その時のお店のBGMはハードでサイケなロックがかかっていたのですが、「今かかってるのなんてどうです?70年代のフィリピンのサイケ・ロックなんですけど、メチャメチャいいですよ!フィリピンは東南アジアの中でも歌を一番大事にしている国なんですよ。実は夕べも連れとその辺の話を延々と語ってましてね~」とおっしゃっていました。その時はフィリピン音楽なんて全く知りませんでしたし、自分にとっての東南アジアの音楽と言えばインドネシア、マレーシア、タイでしたので、私は「うーん…」と唸るだけでした。とりあえずフィリピンは無視して、結局5枚ブツを買って店を後にしました。店に入ってから2時間後のことであります。


その時買ったもう一枚。マレーシアのニンです。
pning001.jpg


 東南アジアの音楽についてこれだけ凄まじい知識を持っている人物にお会いしたのは初めてでしたし、色々と興味深い話がたくさん聞けましたので、ブツが買えたことよりもこういう店があったことの方が嬉しかった私は、関西に来たら必ずこの店に寄るようにしようと思ったのでありました。


 その後、関西に行く度にプランテーションには寄るようにしていますが、その度に2~3時間は店長さんのお話を聞きつつ試聴も色々させていただいて、ブツを4~5枚買っています。1回目に行った時はフィリピンものを無視してしまったワタクシですが、2回目は(お店でNAKAさんに初めてお会いしました!)店長さんにすっかり洗脳されて(?)、フィリピンのバービー・アルマルビスのCDを買い、一気にフィリピン音楽の泥沼に足を踏み入れてしまいました。


 3回目は07年の4月に行きましたが、その時は今や東京の人となってしまったレコ・オヤジさん、sweet inomotoさん、NAKAさん、店長さんと飲みに行きました。その後お店に行く度にNAKAさんとはお会いして、飲み屋にお付き合いいただいています。プランテーションは音楽との出会いの場というだけではなく、人と人とを結びつける場でもあるのです。こういうお店は本当に貴重だと思います。


 とか何とか色々書いてきまして、ワタクシ、まるで常連のようにプランテーションのことを語ってしまいましたが、九州在住ですのでそんなに頻繁にお店に行けるはずもなく、実のところまだ7回しか行ったことがありません。それでこんな常連面しているのもヘンな話ではあるのですが、そんな私でさえも気軽に親しめる雰囲気が、プランテーションにはあるということなのであります。これも全ては店長さんの人徳によるところでございましょう。いつまでも、あると思いたいプランテーション。大阪に来られた折には、是非プランテーションに足をお運び下さい。きっと新しい出会いがあると思いますよ!
スポンサーサイト



Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころんさん、今晩は!
本日の文章、なんだか目がウルウルしてしまいました。
本当、その通りなんですから。
>気軽に親しめる雰囲気が、プランテーションにはあるということなのであります。
    
>大阪に来られた折には、是非プランテーションに足をお運び下さい。きっと新しい出会いがあると思いますよ!

今日、NAKAさんとプランテーションでお会いして、飲みにいきました。
ころんさん、来阪おまちしておりますv-274

sweet inomoto:2009/04/25(土) 22:45 | URL | [編集]

>sweet inomotoさん
こんばんは!
プランテーション、行かれましたか!羨ましいです。良いブツをゲットされたんでしょうね~。しかもNAKAさんと飲みに行かれたのですね。うーむ、ますます羨ましい!
今年の春は車検で大出費があったので大阪には行けませんでしたが、夏頃には一度行きたいと思っております。その時は宜しくお願い致します!

ころん:2009/04/26(日) 00:01 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL