FC2ブログ
2020’05.26・Tue

BNK48 「JABAJA」

pbnk48001.jpg

 存在自体は以前から知っていたんですよ。でも耳にする機会が無くてですね、だってそりゃそうでしょう。BNK48の盤なんて見かけることもありませんし。もしかしたらタワレコなんかのアイドルコーナーに置いてあるのかもしれませんけど、そんなコーナーなんかには近づけやしません。ええ歳こいてAKB関係の棚なんて見てられませんわな。あ、ちなみにですけど、BNK48はAKB48のバンコク版であります、念の為。AKBグループって、世界進出を図っていますが、まずはアイドル文化が根付いているアジアからってことで守銭奴アキモトが色々とヤラかしているワケであります。で、今回初めて聞きましたBNK48のアルバムでありますが、コレは昨年発売の2枚目に当たります。

 ところでタイのアイドル文化はなかなかに面白くて、わっちも一時期は夢中で追いかけましたね~。フォー・モッドとガーリー・ベリーの2大ヘッポコ・アイドル、FFKとか猫ジャンプとか、とにかく色々と聞き倒しましたし、本当に面白かったと思います。しかし昨今の音楽業界大不況のせいでわっちが夢中になったアイドル達も姿を消して(活動しているのかもしれませんけど)、わっちもスッカリとタイのアイドルを聞く機会が無くなったのであります。そんな折にたまたまSPOTIFYでBNK48を何かの気まぐれて検索してしまいまして、聞いている次第なのであります。

 BNK48は勿論タイのアイドルグループでありますが、グラミーとかカミカゼなんかで聞けたアイドル歌謡とは違っていて、曲そのものはかなりAKB寄りと言いますか、言語が違うだけで基本はAKBの楽曲って感じのモノが殆どであります。しかしですね、フニャっとしたタイ語で歌われるとAKBとは全然違った感じに聞こえまして、実にカワイイんですよ!やっぱりイイですね~、タイ語のフニャフニャ歌謡って。フォー・モッドやガーリー・ベリーみたいなヘッポコ感はありませんけど、夢中でタイ歌謡を聞いていたあの頃を思い出すと言いましょうか。そんな中で如何にもタイ歌謡という切ない曲も入っていたりしますので、思わず浸ってしまったりして♪

 でもこういう音楽を聞きますと、昔大好きだったあの娘やこのグループは一体何処へ行った?という思いが強くなって来てですね、「嗚呼、昔は良かった」などとシンミリ実感してしまったりもするワケでございます。BNKも悪くないですけど、やはりわっちは純タイ産のヘッポコなアイドルを聞きたいですね。壮絶に下手クソでスベリ倒すミラとか、心底懐かしいですよ・・・。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL