2007’11.01・Thu

DOLLAR BRAND 「AFRICAN SUN」

gdollar001.jpg


 このブログ、アジアの音楽を中心に取り上げていますが、たまにはアフリカの音楽もネタにしてみようかと思います。今回はこちらのブツで。


 普段からジャズには殆ど縁の無いころんではありますが、ダラー・ブランドの70年代の南アフリカ録音の作品群はどれも大好きです。ダラー・ブランドと言えばジャズの文脈で語られる人ではありますが、彼の故国である南アフリカでの録音だけはジャズ云々は全く関係無しに、アフリカン・ポップスのファンにも素直に楽しめる作品だと思います。


 ここで聞かれるブランドの音楽は、ジャズと言うよりは南アフリカのポップスと言ってもいいと思います。もちろんジャズ的な演奏ではあるのですが、マハラティーニみたいなズールー・ジャイヴ的なノリや、哀愁のピアノ芸人・ファッツ・ウォーラーに共通する感覚なんかもあるように思います。気取ったり飾ったりしない、素の部分が出ている演奏と言えばいいでしょうか。ゆったりとした大らかなノリがあって、アフリカの雄大な景色と活気溢れる人々の躍動が感じられる、そんな演奏だと思います。エンヤ・レーベルなんかに残している諸作とは明らかに違った演奏ですね。


 このような素の自分をさらけ出したのは、やはり故郷の南アフリカでの録音だった為に、ヨソ行きでいる必要が無かったからでしょう。そしてブランドのアフリカ的体質を更に引き出しているのが、周りのセッション・マン達ですね。特にサックス陣の素晴らしさは特筆モノです。豪快で図太い響きを持つ、アフリカ最高のサックス奏者と言われるキッピー・ムケツィのアルト・サックスや、限りない優しさが感じられるバジル・クツェーのテナー・サックスは、本当に素晴らしいです。個人的にはオルケストル・ヴェヴェのヴェルキスのサックス(こちらも最高!)よりも好きかもしれません。名手達に囲まれたこの南アフリカでのセッション、悪いものになろうはずがありません。全曲素晴らしいのですが、特に1曲目のタイトル曲の、アフリカの大地にエネルギーが満ち溢れる太陽が昇ってくるかのような演奏は、まさに筆舌に尽くし難いものがあります。


このアルバム、89年に発売されたブランドの南アフリカ録音4枚シリーズのうちの第一弾ですが、他の3枚も当然のことながら素晴らしい出来ですので、どうせ聞くなら4枚全て揃えたいところですね。ただこれら4枚は現在は廃盤になっているはずですので入手は困難かもしれませんが、アフリカン・ポップスのファンにもジャズ・ファンにも是非聞いていただきたい名盤群なのであります。4枚とも全て素晴らしい演奏が聞けますが、個人的には第一弾の「アフリカン・サン」と、長い曲を集めた第三弾の「ブルース・フォー・ア・ヒップ・キング」が特に好きです。


第二弾。「TINTINYANA」
gdollar002.jpg



第三弾。「BLUES FOR A HIP KING」
gdollar003.jpg



第四弾。「VOICE OF AFRICA」
gdollar004.jpg

スポンサーサイト

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
ダラー・ブランド・・・最初に「アフリカン・ピアノ」を聞いて妙に気に入ってしまい、そればかり聞いていたのが良くなかったのか?
他の、いろいろな楽器の入った盤は余計な音が入っている、濁っている、みたいに感じられるようになってしまいました。
結局、私の手元にあるダラー・ブランドの盤は生涯、「アフリカン・ピアノ」一枚だけに終わりそうな気配です。むむむ・・・

マリーナ号:2007/11/02(金) 19:54 | URL | [編集]

>マリーナ号さん
なるほど、「アフリカン・ピアノ」ですか。私はやはり基本的にはこちらの南アフリカ録音の方が好きなんですよね~。ジャズに関してはド素人ですので、お気楽にポップス風味で楽しく聞ける方が好みであります。
「アフリカン・ピアノ」に比べれば「濁っている」みたいに感じられるのもわかりますが、「濁っているから楽しい」という感じ方をしてしまう、ころんなのでございます。

ころん:2007/11/02(金) 22:13 | URL | [編集]

こんばんは。以前にころんさんよりお薦めいただいたシリーズですね。以降、残念ながらまだ『アフリカン・ピアノ』以外のブツは聴けていないんですが、ころんさん仰る"ヨソ行き"でなく、南アフリカ録音の"ふだん着(or のら着)"のダラー・ブランドを無性に聴きたくなってきました…!

それにしても、ころんさんの絶倫級更新頻度たるや…。読むのが追っつきませんて。

questao:2007/11/04(日) 21:37 | URL | [編集]

>questaoさん
そうです、これが前にお薦めさせていただきましたシリーズでございます。私にとってのダラー・ブランドは、やっぱりこのシリーズに尽きますね~。
ウキウキでノリノリの演奏もあれば、ウットリ酔わせる演奏もあり、本当に素晴らしい作品群だと思います。
ブログの更新、今のところ旅行に行ってた時を除いて毎日更新しております。もうすぐ50回になるので、ここらで頻度を落とすかもしれません。まあ、計画性は全く無いんですけど。気まぐれなものですから…。

ころん:2007/11/04(日) 22:42 | URL | [編集]

この記事を読んでから、"AFRICAN SUN"を聞き返していました。70年代米国ジャズ・シーン(よくわかりませんが)の影?で、こんな歌心あふれた名演が花開いていたのですね。

S県のS-045:2007/11/04(日) 23:33 | URL | [編集]

>S県のS-045さん
私も70年代の米国ジャズ・シーンなんてよくわかりませんが、そんなものには関係なく、独自の素晴らしい演奏を繰り広げていた人達がいたということで。名演ですよね、やっぱり。

ころん:2007/11/05(月) 08:36 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL