FC2ブログ
2009’10.04・Sun

NOKNOI URAIPORN「RUAM HIT 16 PLENG DUANG」

pnoknoi001.jpg

 先日発見してしまったドークラック・成田君のゴリラジャケット盤と同時購入し、あまりに酷いババア・ジャケットにドン引きしてしまい、これまた聞く気を無くして棚にブチ込んでしまった、タイのルークトゥン~モーラム歌手ノックノイ・ウライポーンのブツであります。成田君のブツを見つけてしまった時に、そう言えば一緒にババア盤も買ったよな?と思い出してしまい、棚を探したらやっぱり出てきてしまいますた。


 それにしてもこのジャケ、成田君ほど凄くないにしても、インパクト強烈ですね~。まるでヴードゥー教の呪いの人形のようであります。成田君もノックノイもトップライン・ダイヤモンド社所属の歌手ですが、このレーベルの製作陣はもう少しジャケについて考える必要があると思います。このレーベルのブツって、内容的には結構滋味溢れる良いモノが多いですからね~。タイ本国ではどうなのか知りませんが、国外では確実にジャケで売上を落としているのではないかと…。


 で、このババアのブツですが、内容的には素晴らしい出来だと思います。いかにもモーラム歌手らしいベチャっと潰したような声で歌うのですが、年季の入った顔通りの、実に安定した見事な歌唱を聞かせてくれます。しかも歌声自体は若々しいですので、ジャケさえ見なければ存分に楽しめると思います。ハッキリ言って、このババアは素晴らしい歌手ですよ!


 このブツは16曲入りベスト盤で、ルークトゥンもモーラムも入っていますが、どれを聞いてもシンプルながらも味わい深い仕上がりで、ベテランの底力を感じさせてくれます。これはルークトゥンやモーラムに興味がおありの方に、自信を持ってお薦めできますね。この人のブツを見かけるようなことがあれば、無条件にゲットしても良いのではないかと思います。


 ワタクシ、ご存知の通り若くてカワイイ女子ばかりにウツツをぬかすバカ者ですが、いくらババアであっても、たまにはこういうベテラン歌手にも目を向けないといけませんね~。このブツはたまたま気まぐれでゲットしていたわけですが、手に入れておいて良かったと思います。うーむ、年寄りは大切にするもんですね~…って、ノックノイが本当に年寄りなのかどうかは知りませんけど。シライさん、情報をお待ちしておりまする♪


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(3) TOP

Next |  Back
とりあえず1曲、このブツの曲を探すのは面倒なので、テキトーに。ババアとおっさんとの掛け合いモーラムですが、ババアの歌の素晴らしさは伝わるかと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=Fh4Xt0AWX-s&feature=related

ころん:2009/10/04(日) 19:59 | URL | [編集]

残念ながらノックノーイ・ウライポンの歳は不明です。ルークトゥン研究者のジェーンポップ氏の本にも、誕生日の記載が抜けておりました。
 
 バーイェン・ラーケンが1952年、アンカナーン・クンチャイが1955年生まれなので、55歳くらいでしょうか。でも、16歳の娘ノーンペーンがいるので、もう少し若いかも知れません。
 
 ノックノーイはシアン・イサーンの座長として有名ですね。シアン・イサーンは1997年頃結成されたタイ最大のモーラム楽団です。
 
 ノックノーイはCDを沢山出しておりますが、それ以上にシアン・イサーン楽団として、お笑い、歌のVCD,CDが山ほどあります。
 
 シアン・イサーンの歌手と言えば、ポーいファー・マーライポン(マントーントンの歌が今年大ヒットした)、ルークペー・ウライポン、今はグラミーゴールドに移籍しましたが、マイタイ・ジャイタワン(マイタイ・ウライポン)がいます。

 下記はシアン・イサーンのコンサート記録です。
 http://www.daco.co.th/my/kenchan123/item/5468
 http://www.daco.co.th/my/kenchan123/item/5469

 多分初期の頃のノックノーイのCDは以下を参考にして下さい。
http://dailyluukthung.blog60.fc2.com/blog-entry-412.html#comment

シライ:2009/10/05(月) 18:27 | URL | [編集]

>シライさん
相変わらず凄まじい情報量をご提供下さいまして、ありがとうございます!恐縮しております。
この人、詳細は不明にしても、やはりそこそこの歳は取っているでしょうね。じゃないとタイ最大のモーラム楽団の座長なんて務めることはできないのではないかと。それだけ人望もあるということなのでしょうね~。
この人のCDには非常に興味ありますが、やはり若い頃の歌を一度は聞いてみたいものであります。再発されないかな?

ころん:2009/10/05(月) 22:28 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL