2009’11.01・Sun

HOA TUONG VI 「HOA TUONG VI」

phoatuongvi001.jpg


 ベトナムの歌手ホア・トゥオン・ヴィ(と読むのかどうかは知りません)の、今年発表のデビュー盤です。整った顔立ちとスラリとしたスタイルに即座に反応してしまいまして、いつもの如くジャケ買いしてしまいますた。結構巨乳っぽいし…。どちらも9曲入ったCDとDVDの、お得な2枚組でございますよ。


 インナーにも彼女の写真が満載ですが、写真によって若く見えたり熟女に見えたりしますので、一体何歳ぐらいの人なのか見当がつきません。まあ水面上で三日月に座って羽根の如き光を背中に纏うなんてジャケは熟女なら作らないでしょうから、多分若い歌手でしょう。うん、若い女子ということにしておきましょう。その方が聞く気になりますので♪


ちょっと熟女っぽい
phoatuongvi002.jpg


 聞く気になったところでブツを再生してみますと、初っ端からバックで男のラップが炸裂しまくる曲が始まりましたので、これは間違いなく若者向けの音楽ですね。熟女ならこんな曲は歌わないでしょうから、この人はまだ若い歌手なのだと確信致しました。そしてこの人の声がまた、妙にキャピキャピした舌足らずな感じの若い歌声なのでありました。


 この人の歌なんですが、拙いながらも感情を込めようと懸命に歌っている様子はよく伝わってきます。しかし基本的に歌が下手っぴーなのと、それをごまかす為なのか妙に歌にエコーがかかっていて、まるで風呂場の鼻歌のように聞こえてしまうんですよね~。感情を込めようとすればするほどワザとらしく聞こえ、聞き進むほどに薄ら寒い雰囲気が漂ってくるという実に気の毒な作品に仕上がっています。こういうブツは結構珍しいですよね~。


 気の毒なのは歌だけではなくて、バックの音のダサさ加減もそぞろ哀れを催します。打ち込みを多用した今時あり得ないようなダサダサな音作りは、予算削減の為なのかそれともこんなヘッタクソな歌手にカネをかける気が全く無かったのか、真相はわかりませんけれども、気の毒さ加減を更に増幅しています。聞いているのが辛くなるぐらいに気の毒で、思わず同情して手を差し伸べてあげたくなってくるのでやんす。


 しかしこのあまりの気の毒さが、聞いている内に段々とクセになってくるのも事実でありまして、「嗚呼っ、君の気の毒な歌をもっと聞かせておくれ!」などという気分がムラムラと湧きあがってきます。うーむ、これは本当にワケのわからない怪盤ですね~。タイの歌手に多い「ヘッポコ」というのとは全然違う、「気の毒」という新しいジャンルを開拓してしまった、稀に見る怪盤中の怪盤と言えるかもしれません。で、こんな変なモノを好きになってしまうのがわっちなのでやんすが、これは絶対にお薦め致しません。こんな怪作は、わっち一人だけが楽しんでいれば十分なのさっ♪


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(3) TOP

Next |  Back
まあどうでもいいんですけど、1曲貼り付けておきます。35秒あたりから曲が始まります。
http://www.youtube.com/watch?v=rfRg44wkUpw

ころん:2009/11/01(日) 11:59 | URL | [編集]

ジャケ比較はなしですか?(笑

「ゆ」:2009/11/01(日) 21:56 | URL | [編集]

>「ゆ」さん
ピンパーのVCDの馬鹿ジャケを出すという手もあったのですが、あれは鳥の羽ではなくて蝶なので、別の機会にとっておこうかと…。

ころん:2009/11/02(月) 08:43 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL