2009’12.03・Thu

RIE FU 「URBAN ROMANTIC」

priefu005.jpg

 わっちの大好きな日本の歌手RIE FUの、今年発売の4枚目のアルバムです。前作は昨年の個人的ベスト10に入賞しましたが、果たして今回はどうなのか、仕上がりが非常に楽しみな一枚であります。


 RIE FUは元々メロディメーカーとしての才能は抜群のものがありまして、わっちの琴線に触れる曲を多々作ってくれています。彼女の曲は繊細で印象に残る美しいメロディが多いんですけど、いざ自分で歌ってみようとすると何だか非常に難しくて相当に歌いにくいという、なかなか不思議な面を持っていたりもします。昨年最もよく聞いた曲は彼女の「5000マイル」という曲ですが、とてもポップで楽しい曲なんですけれども、もし興味がおありなら一度歌ってみて下さい。とても歌いにくい複雑な曲だと思いますよ。複雑なのにスッキリと聞かせる才能、素晴らしいですね~。


 本作もいかにもRIE FUらしいメロディが満載のアルバムでありますが、これまでの作品とは表面的に変化が出てきました。今回はエレクトロなプログラミング音をビシバシに使って、やたら高揚感のある音に仕上げてきたんですよね~。それによって彼女のポップな面とユーモア感覚が浮かび上がってきて、これまでのどのアルバムよりも親しみやすい仕上がりになったのではないかと思います。おそらくこれは、RIE FU流のノリノリのロックンロールなんだと思います。


 しかしこのエレクトロなロックンロールは全編にわたって展開されているわけではなく、聞き進んで行くに連れて、段々とアコースティックなフォーク調の音が増えてきます。これがまた実にしんみりとした情緒に富んでいて、本当に美しいんですよね~。この辺の音でいつものRIE FUらしさをさり気なく出しているわけであります。このようにアルバムの中で音作りの変化を付けることで全体としてスッキリとスマートに仕上げるバランス感覚は、流石にRIE FUだと唸らされますね~。蔡健雅やキッチー・ナダルなんかと並ぶ、アジアの怪物の一人だと言って間違い無いと思います。


 このアルバム、文句無くこれまでの最高傑作だと思います。聞くほどにその素晴らしさにシビレてしまう、今年屈指のポップ・アルバムであります。「RIE FUは素晴らしい!」なんて言っている雑誌やブログの記事はこれまで見たことも聞いたこともありませんが、誰も言わなくてもわっちは声を大にして言い続けます。「RIE FUは素晴らしい!」。


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(1) TOP

Next |  Back
まずは1曲、ちょいとサイケ風の「ROMANTIC」です。
http://www.youtube.com/watch?v=SK9iQdlBysI


もう1曲、素晴らしい美メロの「HEY I'M CALLING UP」です。
http://www.youtube.com/watch?v=TnRqXgGHYk0&feature=related

ころん:2009/12/03(木) 22:48 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL