2009’12.12・Sat

梁静茹 「静茹&情歌」

pfish004.jpg

 わっちの大好きなアジアン・ソウル歌手フィッシュ梁さんの、今年のアルバムです。CDサイズの箱の中にプラケースと折りたたんだ大き目の紙が何枚も詰め込まれているのですが、こんなゴチャゴチャした作りにしないでもっとスッキリと仕上げて欲しかったです。扱いにくくて仕方ありません。大塚愛と見間違えてしまいそうなジャケ写はいい感じなんですけど。


 フィッシュさんに関しては先日「親親」というアルバムを取り上げましたが、アコースティックな音作りの涼しげで軽快な仕上がりの作品でありまして、わっちは現在もズブズブにハマってしまっている状態なのでやんすが、そんな状態で聞いたこの新作、これまたかなり興味深い作品だと感じられます。


 まあフィッシュさんに関しては完全なミーハーであるワタクシでありますので、冷静な判断なんかは全くできないワケでございますが、今回のフィッシュさんは「親親」と比べると随分落ち着いた感じに聞こえまして、「嗚呼っ、フィッシュさんのまた違った表情を聞けるっ!」などと無責任に嬉しくなってしまうのでやんす。


 今回の音作りは華やかさを抑え気味の少々地味な雰囲気になっていまして、それに合わせるかのようにフィッシュさんの歌も低い声を多用した、淡々と独白しているような感じの歌い方が多いです。しかしそれでいて聞く者の耳をとらえて離さないような凄みを感じさせる部分もあり、かと思えば優しく癒してくれるような部分もあり、流石にホンモノのアジアン・ソウル歌手だけあって一筋縄ではいかない歌を聞かせてくれます。


 フィッシュさんは元々1曲入魂タイプの歌手ですから、曲によってはよそ見することを許さないような強烈な磁場を発し、時としてかなりの緊張感を強いる歌手なのですが、まあ人によって感じ方は違うでしょうけれども、今回のアルバムはそのタイプの曲が多目のような気がします。それだけにフィッシュさんと濃密な時間を過ごすことができるワケでありますが、ホッとさせてくれる曲もちゃんと入っていますので、その辺のバランス具合がとてもいい塩梅になっています。また今回もステキなアルバムを作ってくれましたね~。


 まあこのような表現の幅があるということはスケールの大きい歌手であることの証明ですので、今後ともフィッシュさんには是非色々なタイプの曲を歌い続けていって欲しいですね~。ルックス的にはビミョーな人ではありますが(台湾のマブダチによれば、化粧でごまかしているだけのイモ姉ちゃん)、こんなステキな歌手なら是非ハグしたいです!


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト

Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(3) TOP

Next |  Back
まずは1曲、「情歌」です。何だか物凄く切なくて、涙が出てきそうです。
http://www.youtube.com/watch?v=ky-3h3BmxPQ


もう1曲、「没有如果」です。曲としてはヘヴィですが、映像がコミカルなので聞きやすいかと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=yfETTcuNUSI&feature=related

ころん:2009/12/12(土) 09:46 | URL | [編集]

ころん 様

う~ん、「情歌」素晴らしいですね!
イントロのアコギを聴いただけで泣けてきます。
フィッシュさんの歌声が出てくるとさらに泣けます。
傑作だ~。
あっ、それとフィッシュさんのルックス、嫌いじゃないです(笑)。

おやぢ:2009/12/14(月) 22:18 | URL | [編集]

>おやぢ様
「情歌」は本当に素晴らしいです!心が揺さぶられる曲と言いますか、不覚にも涙が出てきてしまいそうな曲であります。私も傑作だと思います。
フィッシュさんのルックスですが、悪くはないと思います。でもあまりカワイイとも言えず…やっぱりビミョーな感じかと。

ころん:2009/12/14(月) 23:41 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL