2007’11.11・Sun

RAFFI QUIJANO 「MANILA BLEND」

graffi001.jpg


 ボサノバという音楽は世界各地で流行っていますが、日本でも根強い人気がありますよね。数ヶ月前ですが福岡市内のタ○ー・レコードに行ったらボサノバ・コーナーがあって、フィリピン人にしては珍しい下手クソな歌手、SITTI(シティと読む?)のライヴ盤まで置いてあって、驚いたことがあります。どうせ置くならこのラフィ・キハーノ(と読むのかな?)の本作を置けばいいのにと思うんですけどね。


 実はフィリピンでもボサノバは非常に人気があるようで、色んな歌手がボサノバのアルバムを出したりしています。ちなみに前述のシティさん、フィリピンではかなりの人気があるようで、アルバムのヒットチャートのベスト10に、複数のアルバムを送り込んだりしています。歌が下手だからかえってウケてるのかな?


 ラフィのこのブツはプランテーションの店長さんに試聴させていただいたのですが、昼下がりのコーヒー・タイムにピッタリという感じのオシャレな雰囲気が一発で気に入ってしまい、即ゲットしました。フィリピンで作られたボサノバを集めたのか、フィリピンの曲をボサノバ風にアレンジしたのか、詳しいことはよく知りませんが、全てフィリピン産の曲を取り上げているらしいです。本場ブラジルのものと比べても全く引けを取らない良い曲ばかり収録されています。フィリピン産の良質な曲ばかりを集めて抽出しているからマニラ・ブレンドですね。良質なコーヒーの如く、リラックスできるブツであります。


 そして軽妙でスピード感のある達者な演奏をバックに、ちょっと不安定なところを見せつつもさり気なく歌うラフィさんの歌が、また素敵なのです。なんだか聞き手のツボを心得ているな、という感じなんですよね。あまりに下手な歌では興醒めしてしまいますが、ボサノバはある程度素人っぽい歌の方が雰囲気が出るような気がします。この人の歌は、その辺が非常にバランスが取れているように思います。上手いという程ではないにしても、決して下手ではない。そしてこれだけ歌えれば十分だという感じなんですよね。ボサノバ好きにはまず間違い無い、というブツなのではないでしょうか。


 それにしても本当に心地良いアルバムですね~。家で寛ぐ時に聞いていてももちろん良いのですが、シャレた喫茶店なんかのBGMとして流れていたら、見事にハマる音楽だと思います。喫茶店経営者は必携のアルバムかと。


ラフィでーす。
graffi002.jpg



もひとつオマケのラフィさん。
graffi003.jpg



こちらは歌が下手っぴーなシティさん。
gsitti001.jpg

スポンサーサイト

Categorieフィリピン  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
フィリピンはロックも人気ですが、
やはり陽気な性格に合うのか、ボサノバも人気ですね。
「フィリピン人にしては珍しい下手クソな歌手、SITTI」~~~!!!←ウケました!!
そうそう、SITTIちゃんのpara sa akinが私は好きですよ。それ以外はNGだけど^^;
どうしてあんなに下手なのかと私も驚きました。特にライブを見たけど、どうにもなんない感じ^^;;
でもpinoy brothersという人気番組のMCをしているし、美人(ということになってる)なので、何とか露出してる感じですね。
というか、フィリピンの人、あまりCDを買わないで、ラジオで聴いてるだけだしね^^;

かぼちゃ:2007/11/12(月) 15:48 | URL | [編集]

>かぼちゃさん
シティちゃん、やはり歌下手ですよね。ライヴでその下手さを確認されたとのこと、羨ましいと言うか何と言うか…。まあ、ライヴ盤を聞けばわかることではありますが。
美人ということで人気があるのなら、それはそれで良いことかと思いますが、ハッキリ言って誰かにお薦めできるようなレベルではありませんよね~。お薦めするなら、やっぱりラフィさんであります。
ところでフィリピンの人って、あまりCDを買わないのですか?それは知りませんでした。

ころん:2007/11/12(月) 18:31 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL