FC2ブログ
2010’06.30・Wed

.DAO MAYUREE「FARK KWAM KID TUENG」

psari253.jpg

 タイのルークトゥン歌手ダーオ・マユリーの、今年発売のアルバムです。もう40代に突入しているはずですが、相変わらずケバい若作りをしているオバハンですね~。まあそれでもそこそこキレイですから別にいいんですけど、その昔水商売の女王だったのが未だに忘れられなくて無理な若作りをしているといった感じの哀愁が漂っているような気が…。


 ところで今回のアルバムはコテコテ・ルークトゥン専門レーベルのNOPPORNから出ているんですけど、そう言えばいつ移籍したんでしたっけ?この人がNOPPORNに移籍したのは前から知っていたのですが、ブツが出るのは初めてですよね、確か。まあ別にどうでもいいんですけど。


 この人のブツについては過去に何度か取り上げたことはありますが、歌が上手い訳でもなく、新しいことをやっている訳でもなく、特に積極的に聞く価値があるとも思えない作品ばかりタレ流しているような気がします。音を聞く限りでは衰えているクセに若作りをしているのが実に痛々しく、老人ホームや刑務所を対象に慰問ツアーをやっているかのような落ちぶれた歌手の悲哀というものがヒシヒシと感じられてしまうんですけど、それでもこの人のブツが出る度にゲットしてしまっているわっちは、一体何者なんでしょうか?


 ただ、今回は意外に元気溢れる曲もいくつか入っていまして、転んでもタダでは起きない昔の水商売の女王の根性を垣間見た気分になってしまいますた。と言うか、段々とパワーを取り戻しつつあるようにも感じられます。もしかしたら、あと数年で全盛期のパワーを取り戻したりして…。それは怖いな~。若い娘の生き血でも吸っているのかしら?


 ルークトゥン・マスターのシライさんによれば、ダーオ・マユリーは見て楽しむ歌手だとのことですが、まあ確かに音だけ聞いて楽しむようなレベルの歌手ではないように思われます。ライヴ会場で、ド派手な衣装に身を包んだケバい若作りの姿を拝見しながら、その場の雰囲気込みで楽しむべき歌手なのでありましょう。音もルックスも全てひっくるめた、トータル・プロダクションで楽しむ歌手?うーむ、手間のかかる歌手じゃな。


 しかしそういう面倒な部分も含めて、何だか憎めない愛嬌があるのも事実でありまして、だからこそ新譜が出る度に気になって、ついつい買ってしまう歌手なのでやんす。


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(5) TOP

Next |  Back
まずは1曲、老人ホームの慰問でもしているような曲です。音はめっさ悪いです。
http://www.youtube.com/watch?v=yxdVnBtTxHk


もう1曲、意外に元気な曲です。こちらも音はめっさ悪いです。
http://www.youtube.com/watch?v=fH0tG8XPeAk&feature=related

ころん:2010/06/30(水) 22:25 | URL | [編集]

見て楽しむアーティスト。
なんとなくわかります。

それにしても、厳しい意見。

ノッポンレーベルは、見て楽しむ系が多いようなきがしますね。

メンポーも10年経ったら、こんな厳しい意見にさらされるんでしょうね。
スタイルは、変らないと思うので。

Tommy:2010/07/01(木) 12:14 | URL | [編集]

>Tommyさん
とりあえずは感じたままのことを書いてみましたが、確かに少々厳しい内容だったかもしれません。まあ何だかんだ言って、結局は好きな歌手ではあるんですけどね~。
10年後のメンポーですが、ルックスが多少老けたとしても、歌が衰えてなければ問題無いのではないかと思います、多分。

ころん:2010/07/01(木) 17:24 | URL | [編集]

1969年6月24日生まれですので、41歳になってしまいましたね。R.S所属時代、子供が生まれて、喜んでいる歌(VCD)を出した時、イメージが崩れるのを心配しましたが、その後、昔のイメージで売っておりますね。根強い人気があるようです。

kenchanrui:2010/07/02(金) 11:16 | URL | [編集]

>kenchanruiさん
誕生日までご存知ですか。流石にルークトゥン・マスターですね!
この人、年は取っても根強い人気があるみたいですが、ここまで若作りするのは、需要に応えてのことなんでしょうかね~?まあ凄く華やかですし見た目も悪くないですから、別にいいんですけど。

ころん:2010/07/02(金) 12:43 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL