FC2ブログ
2007’11.27・Tue

BENNY MORE 「RITMO」

gbenny001.jpg


 なんとも言えずダサくてセンスの悪いジャケではありますが、キューバ音楽史上に名を残す大歌手ベニー・モレーのアルバムということで、とりあえず買ってみました。タ○ーレコードの新品のバーゲン品で305円、50年代の曲を中心に15曲入りというのがなかなかのお得盤。ジャケが酷いので、多分この値段じゃなければ買ってません。このシリーズ、オマーラとかコンパイ・セグンドなんかのブエナ・ビスタ組のブツを、これと似たようなダサいジャケで色々と出しているようですが、売れるんですかね?


 ジャケのセンスの悪さは置いといて、中身の方はさすがにキューバ音楽史上最高の歌手と謳われたベニー・モレーの音源だけあって、悪いはずがありません。どういうコンセプトで編集された作品なのかは全くわかりませんが、ド派手なホーン・セクションと賑やかなパーカッション群が大活躍する歯切れの良い爽快かつ豪快なフル・バンド・サウンドに乗った豪放なモレーの歌は、やはりいつ聞いても素晴らしいです。とにかく魅力的な歌声を持った歌手で、やや高めのピーンと張りつめたような伸びのある艶やかな声は、まさに唯一無二のものです。


 個人的にラテン音楽はボレーロよりもノリノリのリズム曲が大好きなのですが、このアルバムはその手の曲が沢山入っているのが良いですね。特に、「マラカイボ」というフレーズをバック・コーラス部隊がひたすらしつこく囃し立て続ける、モントゥーノの部分だけを拡大したかのような「MARACAIBO ORIENTAL」とか、オスカル・デ・レオーンもカバーしていた「QUE BUENO BAILA USTED」の怒涛のリズム攻撃なんかには心底やられてしまいますね。


 このアルバム、キューバ音楽マニアから見ればどういう評価が下されるのかはわかりませんが、私のような素人にはとても楽しめる作品に仕上がっています。これ1枚でベニー・モレーが素晴らしい歌手だったということは十分にわかると思います。これからベニー・モレーを聞いてみようという初心者の方(そんな人いるか?)にも十分お薦めできるのではないでしょうか?ベニー・Kも良いですけど、ベニー・モレーも最高ですよ。
スポンサーサイト



Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
これ、どういう内容なのかちょっとわかりませんが、50年代の彼はメキシコでのペレス・プラードとの共演を経て、フルバンドで活躍した時代でした。
伝統的なキューバ音楽というよりは、いわゆる一般的なラテンと解釈されがちなど派手な音ではありますが、ベニー・モレーの声の色っぽさはたまりません。
彼のコンピとしては「GRANDES EXITOS DEL BARBARO DEL RITMO」
Musical Productions  MPPK5-6344盤がお得です。プラードとの共演盤は「EL BARBALA DEL RITMO」TUMBAO TCD-010盤がよろしいでしょう。

片桐真央:2007/11/28(水) 23:42 | URL | [編集]

>片桐真央さん
片桐先生が挙げられているブツがどんなブツなのかは知らないのですが、いずれにせよベニー・モレーが素晴らしいということに変わりはないんでしょうね。TUMBAOは信頼できるレーベルとの印象がありますので、ゲットしたいですね~。

ころん:2007/11/29(木) 08:27 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL