FC2ブログ
2007’12.04・Tue

PRINCE AND THE REVOLUTION 「PARADE」

gprince001.jpg


 何故だか突然プリンスを聞きたくなりましたので、今回はプリンスネタでいきたいと思います。


 数あるプリンスのアルバムの中でどれが一番好きかと言えば、個人的にはこの86年の「パレード」です。数ある英米のポップス~ロックアルバムの中でも10指に入る作品だと思っています。80年代のプリンスはまさに無敵の驚異的な才能を発揮していましたね。最近の作品もかなり凄いとの評判を聞きますが、私にとってのプリンスは87年の「サイン・オブ・ザ・タイムズ」あたりで終わってしまっていますので、最近の作品はあまり聞く気がしない…。中古のバーゲンに出たら買ってみようかとは思います。


 86年当時、私が通っていた学校では、プリンスが好きだなんて言うと変質者扱いされたもので、口が裂けてもそんなことは言えませんでした(?)。今やプリンスもすっかり市民権を得てしまって、得体の知れない気色悪さが無くなってしまったのが残念ではあります…いや、やっぱり今でもきしょいかな?


 それにしてもこのアルバム、なんでこんなにカッコいいんでしょう?音数は削っているのに音楽自体はしなやかで強靭、とにかく凄いとしか言いようがありません。特にシングル曲だった「KISS」のカッコ良さと言ったら、他に比べるものが無いぐらいの強烈さですね。見かけは単なるちっこくてキモいおっさんのクセに、なかなかやりますね。


 そう言えば学生の頃ですが、プリンスの夢を見たことがあります。ベッドに私が仰向けで金縛り状態で横たわっているのですが、そこにタカラヅカの男役みたいな化粧をしたプリンスが現れて、ヘビみたいに舌をベロベロさせながらいきなり私の上にのしかかってきて、顔をなめようとするのです。メチャクチャ気色悪いのですが、舌をベロベロさせているプリンスの顔があまりに面白くて「うわーっ、やめてくれーっ!」などと言いつつ大爆笑し、自分の笑い声で目が覚めるというとんでもない悪夢でありました。気色悪いんだけど面白いと言うか、何とも憎めない、人徳のあるおっさんですね。


 これまたどうでもいい話ですが、このおっさん、「LOVESEXY」というとんでもなく気色悪いジャケのアルバムを出していますが(知らない人は検索してみよう!)、その時のキャッチ・コピーが確か「ますますママにはわからない」でしたよね。あんなジャケのブツを出すなんて、ママじゃなくてもワシにもわからんわい!などと思ったものです。


 まあとにかく、非常に特異なキャラクターを持った、愛すべき愉快なキモいおっさんであります。「キモ凄い」とでも言えばいいですかね。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(6) TOP

Next |  Back
うお、Pですね。私も当然このアルバムは300回以上聴いています。アルバムでいうと『サイン・オブ・ザ・タイムス』がベストなんですがこの作品では"Mountains"が好きですね。変態さんと行く魔法のじゅうたんフライト、みたいな浮遊感が堪らないっす。
そうそう、この当時こんな無敵な音楽を創っていた爬虫類王子(やや小島よ○お似)なのに私も学校ではP好きを公言できずにいた暗い過去があります。少年隊ファンだった彼女をP初来日公演に誘えるはずもなく、学校をずる休みして一人でこっそりライヴ会場へ出かけた悲惨な過去まで甦ってきました…。

以前にも教えていただいたころんさんが見たPの悪夢、2回目でも笑えますね!

questao:2007/12/05(水) 02:32 | URL | [編集]

>questaoさん
やはり80年代のPはいつ聞いても凄いですね。私も「サイン・オブ・ザ・タイムス」は好きで、とくに「あーすくえーく」とか言う曲がめっちゃ好きであります。「パレード」であればやはり「きす」ですが、「まうんてんず」の浮遊感も素晴らしいですよね~。
昔はP好きなど公言できない時代でしたが、時は流れ、P好きには恵まれた時代になったものです。今なら変質者扱いなんかされませんからね~。
Pの悪夢、二度と見たくはありません…。

ころん:2007/12/05(水) 08:39 | URL | [編集]

ロイクな音はあまり得意ではない片桐と言います。
それでもやはり80年代のプリンスは好きです。「Parade」はサイケデリックな感覚がすきなのですが、「Kiss」のAge Of Chanceによるミクスチュアーなカバー・Verも面白いですよ。でも、彼の曲の中で一番好きなのは「Raspberry Beret」で、これの12"盤は最高です。

>「LOVESEXY」というとんでもなく気色悪いジャケのアルバム
・・・外ジャケもキモいですが、インナーの相当グロっす。右上の白いものって、あれっすよね??

片桐真央:2007/12/05(水) 16:25 | URL | [編集]

>片桐真央さん
エイジ・オブ・チャンスの「きす」は聞いたことがありますが、きしょくないのでイマイチだったような記憶が…。「らずべりー・べれー」は私も大好きな曲です。12インチ盤は聞いたこと無いのですが、何かに収録されてたりするのでしょうか?
「らぶせくしー」はとにかくジャケがきしょ過ぎて…。きしょくて売り払ってしまったので、インナーは覚えてないのですが、白いモノは当然あれでしょうね、Pのことですから。
ところで「ロイクな音」って何ですか?

ころん:2007/12/05(水) 17:01 | URL | [編集]

>ところで「ロイクな音」って何ですか?
・・・いわゆるアフリカ系アメリカ人の方々が出す粘っこくてファンキーな音のことです(笑)。「黒い音」なんですが、ストレートに使うと差別につながるのでこんな風にジャズやファンクの世界では使います(笑)。ちなみにヨーロッパぽければ「ロイシ」、日本人なら「ロイキ」となります。
用例:あのベース、ロイシなのに、結構ロイクっぽくチョッパー使わねぇ~~?とか。

片桐真央:2007/12/05(水) 21:03 | URL | [編集]

>片桐真央さん
おお、「ロイク」にはそんな意味があるのですね!初めて知りました。同じく「ロイシ」とか「ロイキ」も初耳であります。それって「黒い」とか「白い」とかを業界用語っぽくひっくり返してるんですかね~。
何にせよ、一つ賢くなりました。ありがとうございます。

ころん:2007/12/05(水) 21:16 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL