2007’12.05・Wed

RON SEXSMITH 「RON SEXSMITH」

gron001.jpg


 私の「ころん」という名前は一体どこから来ているのか?これまで何人かの人に「ウィリー・コローンから取っているんでしょ?」と言われたことがありますが、ラテン音楽好きのサルサ嫌いという極めて珍しい人種である私が、ウィリー・コローンなんぞから名前を取るはずもありません。ではどこから来たのかと言いますと、このロン・セクスミスからなのであります。


 ロン・セクスミスのメジャー・デビュー作である95年のこのアルバムを聞いた時は、大変な衝撃を受けました。「こんな凄いヤツがこの世には存在するんだ!」と。全てがセピア色にくすんだような音楽。何よりもメロディがあまりに美しい!そしてその美しいメロディには、まさにこの声しかないというような歌声が素晴らしい!そしてロンが弾くギターが素晴らしい!控え目ながらも工夫が凝らされたサウンド・プロダクションが素晴らしい!何もかもがあまりに素晴らしくて、一時期はロン・セクスミスばかり聞いていました。そのうち聞くだけでは飽き足らず、彼の曲を演奏できるようになりたいと思い、アコースティック・ギターを抱えて必死にCDに耳を傾けながら、コピーするようになりました。 


 しかし自己流でテキトーに弾いているだけでは上手くできるはずもありません。いくら弾いても上手くなりませんので、このままじゃロン・セクスミスに追いつくどころか、単なる子供のお遊びでしかない、まるで子供のロン・セクスミスという感じでした。子供のロン・セクスミス、即ち「子ロン」ということで、「ころん」という名前が生まれたわけです。まあ非常に下らないネーミングなわけですが、こうして「ころん」が誕生したんです。


 ロン・セクスミスのコピーをしている頃は、ネットでブログなんて有り得ない時代でしたので、まさか今になって「ころん」なんて名前を名乗るなんて想像だにしなかったですが、東南アジア・マッドネスになってしまった現在でも、ロン・セクスミスの衝撃はいまだ忘れられず、「ころん」などと言う名前を使っているわけであります。


 最近ではロン・セクスミスの音楽を聞くことはほとんど無くなってしまいましたが(ギターも5年ぐらい触れてないですね)、久し振りに棚から引っ張り出して聞いてみると、やっぱり素晴らしいですね。聞いていると、来日公演の素晴らしさなんかも思い出してしまったりして。親指と人差し指のツー・フィンガーで、テイラーの612Cを弾きながら歌うロン・セクスミス、良かったなあ。本作は私にとって、まさにエバーグリーンな一枚なのであります。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(4) TOP

Next |  Back
こんばんは~。
ころんさんは「子ロン」だったなんて知りませんでしたよ(笑)
そしてロン・セクスミス好きのファンだったなんて予想だにしませんでした。

ロンさんがデビューした当初、私はスウェディッシュポップを聴いていたので知りませんでしたが、良いSSWですよね。
またギターを引っ張り出して弾いてもらいたいところです!

パイクマン:2007/12/05(水) 23:57 | URL | [編集]

>パイクマンさん
ころんが「子ロン」だなんて知っている人は、ほとんどいません。ロン・セクスミスがネタだと知っている人は数人いらっしゃいますが、詳しいことは誰にも話したことがありませんので。
ロンおやじのブツはセカンドアルバムまではめちゃくちゃ聞きましたが、それ以降はあまり聞いてないですね~。最近の数作は入手もしておりません。やっぱり今は東南アジア!
ギターはまたボチボチ始めようかと…。ちなみに左利きです。

ころん:2007/12/06(木) 08:41 | URL | [編集]

175cm、55kgで左利きの片桐と言います。
HNにはそんな由来があったのですね。お菓子の「コロン」かと思っていましたが。。。。
何はさておき、やはりこのアルバムは歌心の一言に尽きますよね。シンプルながらジワジワしみてくるメロがたまりません。
ちなみに片桐的にもサルサはあまり好きではありません。

片桐真央:2007/12/06(木) 20:53 | URL | [編集]

>片桐真央さん
お、片桐先生も長身痩躯タイプで、しかも左利きですか。仲間ですねえ(?)。
ワタクシ、実はお菓子の「コロン」は食べたことがありません。共食いになりますので…。
おっしゃる通り、このブツは歌心の一言に尽きますね。歌もギターもメロディも、全てが歌心溢れていると思います。
それにしても片桐先生もサルサがあまりお好きでないとは、仲間ですねえ(?)。

ころん:2007/12/06(木) 21:46 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL