FC2ブログ
2011’01.22・Sat

新アイドル・グループ?その後

 先日新アイドルグループ、私老化防ぎ隊(仮名)についてのネタを書きましたが、当面はアイドルとしてデビューはさせず、ヒワイイ大使のメンバー達の付き人になるように指示致しました。つきましては、物凄くどうでもいいんですけど、彼女達の雑談を掲載してみようかと思ったりして…。便宜上、奈々子は「奈」、琴美は「琴」、理亜は「理」、翼は「翼」(まんまですな)、美雪は「雪」、こにたんは「こ」と表記します。それでは早速。


雪「チクチョウ、たまんねえよな。せっかく東京から九州まで来たってのに、アイドルじゃなくて付き人だなんてよ!」
琴「ロックンローラーに付き人させるなんて、一体どういうこと?考えられない!」
翼「だよね!こんなことなら、大人のアイドル続けとけば良かった。」
理「私は付き人でもいいと思います。」
雪「何だとテメエ!何がいいんだ?ふざけたこと言ってんじゃねえぞ!」
理「だって、下積みは必要だと思うし…。」


「下積みも大事だと思います。」by理亜
pria012.jpg


雪「ウチ等はな、アイドルになれるって言うからわざわざこんな所まで来たんだよ!下積みする為に来たんじゃねえぞ!」


怒る美雪
pmiyuki003.jpg


奈「まあまあ、抑えて抑えて。ここで言い争っても仕方ないし。」
雪「抑えられるか!やっぱ、ころんの野郎に文句言わなきゃ気が済まねえ!」
奈「そんなことしたら、『イヤなら帰れ!』って言われるだけだよ。」
理「こにたんさんにも、同じこと言われるだけだと思います。」
雪「上等じゃねえか!ころんもこにたんも、まとめてぶっ飛ばしてやる!アタシを誰だと思ってんだ?関東をシメてたんだぞ!舎弟も千人以上いるしな!」
翼「あ、でもこにたんの噂って聞いたことあるよ。鬼みたいにケンカが強いって。」
雪「鬼だと?じゃあアタシとどっちが強いか勝負してやる。」
翼「メチャクチャに強過ぎて、『核弾頭娘』って言われてたんだって。」
雪「核弾頭娘だぁ?」


「核弾頭娘って、最初は角砂糖娘って聞こえたの。」by翼
「中学の頃、顔が四角い佐藤君は、角佐藤と言われてました。」byころん
ptsubasa003.jpg


琴「あ、それって聞いたことがある!男も含めて百人位で核弾頭娘を襲ったら、逆に全員ボコボコにされたって。」
雪「大山倍達か!そんなヤツいるわけないだろうが、この音痴ロックンローラーが!」
琴「音痴じゃないっ!」


「音痴じゃないもん!」by琴美
pkotomi003.jpg


理「でもそれってホントの話ですか?」
雪「ホントのワケないだろうが!ボコボコにしてきてやる!」
(と、部屋を出て行く。)
翼「あ~あ、行っちゃった。どうなっても知~らないっと。」
理「美雪ちゃん、大丈夫でしょうか?」
琴「何だよ美雪のヤツ、いっつもエラソーにしてさ!あんなヤツ、ボコボコにされたらいいんだよ。」
理「仲間なんだから、そんなこと言わないで下さいよ~…。」
(突然、どこかから物凄い悲鳴が聞こえる)
理「きゃあっ!」
翼「何?何なの?」
(しばし静寂の後、ドアが開き、こにたんが顔を出す)
奈「あ、こにたんさん!」
(こにたん、血まみれでボロ雑巾のようになった美雪を部屋に放り投げる)
こ「裾にて炭取にさわりしに、丸き炭取なればくるくると回りたり~♪」
(こにたん、部屋を出て行く)


「くるくると回りたり~♪」byこにたん
phiwaiikoni023.jpg


翼「今の何?」
奈「遠野物語の幽霊譚だよ。」
琴「何それ?」


「遠野物語の幽霊譚って、高校の国語でやりましたよね?」by奈々子
pnanako003.jpg


理「美雪ちゃん、大丈夫ですか?」
雪「バ…バケモンだ。あいつは人間じゃねえ…。」
奈「なるほど、この世のものじゃない強さだから、幽霊譚なんだ!」
雪「(弱々しく)…そんなどうでもいいことに感心するな。アタシの心配をしろ。」
翼「美雪ちゃんがボコボコにされるんなら、誰も敵わないよね…。」
奈「まあ、イヤなら暴力に訴えるんじゃなくて、潔くやめろってことだね。」
雪「(弱々しく)ぢくじょ~、アイツをボコボコにするまで、絶対にやめないからな…(と、気絶する)。」
理「きゃあっ、死んじゃった!」
奈「…生きてるよ。気絶しただけ。」
(突然こにたんが部屋に入って来る)
こ「今度反抗したら、裸にひん剥いて、縛って叩いてアヘアヘアンアンな♪」
(こにたん、部屋を出て行く)
理「…ステキ。」
翼「変態か!」


 以上、私老化防ぎ隊(仮名)とこにたんの、ある日の出来事でございました。風邪気味で体調がよろしくなくて、どうでもいいテキトーなネタを書いてしまいますた。失礼致しますた。また書きます♪
スポンサーサイト



Categorie未分類  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
炸裂してますね。ころんさんと愉快なイマジナリー・コンパニオンのみなさま!先日、僕は自身のブログで、女性の在り方ついての青臭い文章を綴ってみたんですが、ころんさんの妄想の素晴らしいところは、女性たちが、ころんさんの支配下にはないというところですね。寧ろ、こにたんこそがオールラウンド・プレイヤーとして立ち振る舞っておられる。ころんさんが以前仰っていたように、「自分では考えも及ばないことを、彼女たちは勝手に話し始めた」結果なんでしょうね。とてつもなくキワドイ世界だとは思いますが、僕は好きです。すいません、熱っぽくコメントしてしまいました。ころんさんの風邪がうつったのかも(笑)。お大事に、です。

アルバイテン:2011/01/23(日) 13:42 | URL | [編集]

>アルバイテンさん
こんなネタにコメントをいただきまして、ありがとうございます!私老化防ぎ隊(仮名)の連中も感激しております♪
ワタクシの妄想に出て来る連中は、ヒワイイ大使だろうと私老化防ぎ隊(仮名)だろうと、ワタクシの言うことを素直に聞くようなメンバーはおりません。どいつもこいつも勝手なヤツ等ばかりで、手に負えません。あ、めぐりんだけは、比較的素直です。でも怒ると怖い…。
おっしゃる通り、妄想ネタは、こにたんがワタクシの代わりに縦横無尽に駆け巡っているような状態ですが、こにたんとななみーの「予想外のことを喋り出す」二人に任せておけば、何とかなるって気がしてます。
まあ今後も色々と妄想ネタは出てくると思いますので、お付き合いの程、宜しくお願い致します♪

ころん:2011/01/23(日) 17:59 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL