FC2ブログ
2011’01.25・Tue

PLINGMIN 「PLINGMIN」

pplingmin001.jpg

 名古屋出身のロックバンド、プリングミンの09年のメジャー・デビュー盤であります。ジャケは何だかノリが軽そうなおバカ系のバンドって感じがして、とりあえずはレンタル半額セールだったので、借りてみた次第でございます。まあハズレであっても半額なので、あまり痛くはないですし。


 調べてみると、曲がアニメに使われたりしているそうで、もしかしたらアニメ・マニアには結構知られた存在なのかもしれません。ルックスが全然イケてない連中ですので、アニメだったら姿を隠して音を堂々と発表できますから、やり方としてはありなんでしょうね。まあ音楽好きとしては、「へっ、アニメとタイアップしなきゃダメなレベルの連中なのかよ」って、少々バカにした気分になったりもします。どうせロクでもない下らない音楽なんだろうな~と思いつつ、せっかくレンタルしたブツですので再生してみますと…うおーっ、こいつは凄えっ!「申し訳ございませんでした、プリングミンの皆様!」と、思わずワタスは謝ってしまいますた。


 とにかくこの連中は、演奏がメチャクチャに上手いです。スタイルを変えながら自由自在・縦横無尽に弾きまくるギター、図太いベース、的確でツボにはまったドラム、どれもが素晴らしく良い音を出しています。キラキラと輝くような美しさは、「天体観測」の頃のバンプ・オブ・チキンとか、リコが在籍していた頃のリヴァーマヤ(フィリピンのロック・バンドです)を思わせるところがあります。


 また、曲がアニメに使われているぐらいですからもっと軽薄な音楽性を想像していたんですけど、もちろんポップな親しみ易い曲も色々入っていますが、ベースになっているのはまるでヤマジカズヒデ率いるディップなんかを思わせるような、美しくもダークな色彩の濃いハード&サイケなロックなのでやんす。うーむ、シビレますね~、これは。アルバム後半になってくると遠慮無しに本領を発揮してきて、ズブズブでキラキラなハード&サイケな世界を展開していますよ♪


 そしてその音楽性をただのダークなモノに終わらせない役割を果たしているのが、ちょっと舌足らずで子供っぽい歌い方をする女性ヴォーカルです。アニメのキャラクターっぽい声だから曲がアニメに使われたんでしょうけど、この歌声があるからこそ一般性とマニアックのバランスが上手く取れた、親しみ易い仕上がりの音楽になっているのだと感じられます。うーむ、素晴らしい!もっと早く聞いていたら、昨年の個人的ベスト10に入賞してたのに…。


 それにしても、こんなバンドならもっと評判になっても不思議ではないと思うんですが、もしこういう素晴らしい連中が人知れず埋もれていくとしたら、あまりに残念でなりません。日本の音楽シーンの荒廃が取り沙汰されて久しい今日この頃でありますが、レコ会社やマスコミには、本当に力のある有望な連中をもっとプッシュして欲しいものでやんす。何にしてもこのブツを推さないなんて、犯罪行為でやんすよ。


あと、コメント欄に試聴を貼り付けておきますので、よろしければお試しを。
スポンサーサイト



Categorie東アジア  トラックバック(0) コメント(1) TOP

Next |  Back
本当はもっとダークな色彩の曲を貼り付けたかったんですが、見つかりませんでした…。
まずは1曲、「MAKE MY DAY」です。ポップな楽しい曲ですが、バックの音はメチャクチャにカッコいいです。
http://www.youtube.com/watch?v=7Xl-RWObR-o


もう1曲、「THIS WORLD IS YOURS」です。良い音してます。
http://www.youtube.com/watch?v=TPcC2GZ0K7w

ころん:2011/01/25(火) 23:33 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL