2017’10.15・Sun

原田知世 「音楽と私」

pharadatomoyo001.jpg

 現在バンコク旅行記を絶賛執筆中でありますが、なかなか進んでおりません。とりあえずはバンコクでもウォークマンで聞いてしまった盤を取り上げようかな~ってことで、今回はコチラの盤を。

 前にレンタル屋に行った時のこと、嫁さんが「コレ聞いてみたい!」と言ったんですよ、原田知世の今年発売のこの盤を。嫁さんは原田さんをハワイかどっかで見かけた事があって、めっさキレイで相当に印象が良かったらしく、原田さんのファンみたいなんですよね~。昔っからあんまりイメージが変わらなくて老けない人だな~という感じはしますけど、わっちは別に原田さんには思い入れはありませんし、内心は「え~っ、原田知世かよ」なんて思いつつレンタルしたんですよこの盤を。どうやらコレってセルフカバー集らしく、「時をかける少女」なんかを新しいアレンジで歌い直しているとかで、何だかますます期待出来ないな~なんて思ったりして。

 で、聞いてみたんですよこの盤を。1曲目が「時をかける少女」なんですが、ストリングス・アレンジになったこの曲、「一体何が良いのじゃ?」って感じで全然面白いと思わなかったんですよ。ジャケを見たら地味に結構老けててババアになってることもあって、全然イメージがよろしくなかったんですよ。そうなって来ると全てがつまらなく感じられて来て、途中でストップしようと思ったんですよ。でも折角レンタルしたんだし、我慢して聞き続けたんですよこの盤を。「あ~、つまんねえな~」とか思いながら。でもわっちはビックリしたんですよ、8曲目の「空と糸」という曲が流れて来た時に。「な、何じゃこりゃ!」と思ったんですよ、歌詞が英語のこの曲を聞いて。アコースティックなフォークタッチ&ストリングスの美しいアレンジに無国籍風な原田さんのさり気ない歌、「めっちゃくちゃに素晴らしいやんけ!」と思ったんですよ。

 そうなって来ると印象がガラリと変わってしまいまして、再度聞き直してみたらどの曲もめっさイイんですよ。「時をかける少女」が面白くないなんて言ったのは誰だ?イイ歌イイ曲イイ演奏じゃないですか!全てがつまらなく感じられて来たなんて言ったのは誰だ?どれもイイ歌イイ曲イイ演奏じゃないですか!弦楽四重奏みたいなのもあれば渋谷系ポップスみたいなのもあり、チャイが歌いそうな温故知新タイプの曲もあり、70年代の日本のシティ・ポップスみたいなのあり、ピアノ弾き語り調だったりアコギ弾き語り調だったり、アレンジもめっさイカしてる~♪そして何よりも原田さんの歌がめっさナイスなんですよ。

 原田さんってそんなに歌が上手い人ではないと思いますが、イイ歌を聞かせてくれる人なんですよ。「歌が上手い」ってことと「イイ歌を聞かせる」ってことは全く別物でありまして、歌が上手くても全然心に響かない歌手もいれば、歌が下手でも伝わるモノがある歌手もいるワケですよ。原田さんはそんなに上手くなくても、聞き手に心がこもった歌をちゃんと届けてくれる歌手なんですよ。だから優れた歌手なんですよ原田さんは。ついでに言うと、ジャケを見ても笑顔がステキな美人さんですし(ババアなんて言ったのは誰だ?)。そんなワケで、原田さんの盤をレンタルして本当に良かったと思うんですよ。原田さんがこんなにステキな歌手だと気付くことが出来て、本当に良かったと思うんですよ。今更ながらに原田さんファンの仲間入り~♪

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’10.07・Sat

渡辺美奈代 「アルファルファ」

pwatanabeminayo003.jpg

 元おニャン子クラブのメンバーだった渡辺美奈代の、1986年発売のソロ・デビュー・アルバムであります。前に取り上げました「MY BOY」と「恋してると、いいね」は鈴木慶一プロデュースで、アイドル歌謡としては屈指の名盤に仕上がっておりましたが、この時期はまだ鈴木慶一には出会っていなかったようで、作詞は大半が秋元康、作曲は後に河合その子を寝取った後藤次利であります。言ってみればおニャン子クラブの仕掛け人がガッツリと関わっている盤でありまして、おニャン子アイドルらしい音が聞ける1枚になっているかと思います。

 とは言っても、基本的に美奈代さんって誰が制作に関わっていようとあまり気にしていないみたいで、このデビュー盤から如何にも美奈代さんらしい、無邪気に「絶妙にヘタな歌声」を聞かせています。あの屈指の名盤2枚の歌に比べたら、デビュー盤だけあってこっちの方がもっとヘタですけどね~。音程も不安定ですし、ラリってるみたいにヘロヘロですし。でもアバタもエクボと言う通り、このたどたどしい下手っぴーな歌でさえも、ファンにとってはキュンキュン来るカワイイ歌ってことになるんでしょうね。わっちはあの名盤2枚で美奈代さんにヤラレてしまっていますので、勿論この盤も十分許容範囲と言いますか、支えてあげたくなってしまう位に放っておけないカワイイ歌だと感じております~・・・って、完全にビョーキだわ、コレは。でもホンマに下手クソですね~。

 な~んてツラツラ考えていて、ふと気が付きました。そうか、鈴木慶一はこんな美奈代さんの歌を聞いて、もう辛抱たまらん位にキュンキュン来てしまったに違いありません。「う~、カワイイ美奈代ちゃんを支えてあげたい~。あ、そうだ!ワシがプロデュースしてあげたらイイんだ!そしたらあのカワイイ美奈代ちゃんと援助交際出来るぜ!」などとスケベ心を起こしたのでありましょう。そして念願叶って美奈代さんのプロデュースが出来たおっさんですが、天然のおっさんキラーであります無邪気な美奈代さんと援助交際出来たのかどうかは定かではありません・・・などというどうでもいい妄想話はさて置き、こんな天然の毒娘に「舌足らずだけど、ご自由に愛して」なんて歌われたら、そりゃあフラフラと吸い寄せられる男が続出しますわな。

 う~む、それにしてもカワイイな~美奈代さん。この無邪気に下手っぴーな歌を聞いているのが段々快感になって来て、思わずニヤニヤしてしまうんですよね~。何だかわっちもマジでアバタもエクボ状態になって来たぞ?まあ救いは美奈代さんの歌に出会ったのが現役アイドル時代ではなくて、既に50歳近い年増ババアになってしまっている現在ですから、当時のファン程には心奪われる事が無いってことですかね~。でも50歳近いにも関わらずキレイな人ではありますので、AKBとか乃木坂の連中よりは年増の美奈代さんの方がイイかも?とか何とか思ったり思わなかったり。あ、もしかして50歳近くなっても天然の毒娘ぶりは健在か?とりあえずは、歌手活動をボチボチ再開しているらしい美奈代さんですので、ライヴを見る機会があれば是非行ってみたいと思ったり思わなかったり。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’10.02・Mon

TWIN FIZZ 「EMOTION LOTION」

ptwinfizz001.jpg

 日本の女性デュオ、ツイン・フィズの1990年のアルバムであります。ツイン・フィズなんて言っても誰も知らないと思いますけど(わっちも知りませんでしたが)、中谷内映(なかやちあき)と仁科かおりという人の2人組で、全曲作詞が中谷内さんで、作曲が仁科さんという分業デュオであります。仁科さんはその後色々なミュージシャンの作品に関わっているようで、特にAKB関連の曲にはかなり縁が深い人なんだそうです。へ~、全然知りませんでしたね~。とりあえずはブックオフの280円棚で発見しまして、何だか惹かれるモノがありましたのでゲットしてみた次第であります。

 まあ惹かれるモノがあったとは言え、80年代終わりから90年代初頭なんてこの手の女性デュオなんて腐るほどいたでしょうし、ルックス的にも全然イケてませんので、何の期待もしないままブツを再生してみたのでありました。ところがコレはコレは、めっさクオリティが高いではないですか!こんな表現が適切なのかどうかは知りませんけど、まるで職人的なプロのスタジオミュージシャン達が集まって作り上げた、全く隙の無いAORとでも言いましょうか、音楽性は全然違いますけど、TOTOとかスティーリー・ダンなんかに近い存在なんじゃね?な~んて思ってしまうぐらいにシッカリと作られているんですよね~。コレ、冗談抜きでめっさイイですよ!

 言ってみればこの盤って、プロの職業作家チームが作った曲を、プロの腕利きスタジオ・ミュージシャン達がバックの音を作り上げて、普段は歌手のバックコーラスとしてレコーディングに参加しているコーラス隊メンバーがリードを取って、それぞれの実力を遺憾無く発揮しているという感じの仕上がりなんですよ。まあルックス的に全然イケてないですし、スタジオミュージシャンの逆襲みたいな作品になっていますから、一般的には全く知られなかったと言うか、レコ会社も本気で売ることなんて考えていなかったのでありましょう。しかし歌良し曲良し演奏良しの素晴らしい仕上がりですから、マニアの間では隠れた名盤としてひっそりと語り継がれて来たのではないかと推測致します。

 それにしてもコレだけのクオリティですから、こういう盤はキッチリと評価しなければならんですよね~。音楽業界とか音楽評論家連中とかって、もっとちゃんと仕事しなさいよ!なんて思ってしまう今日この頃。まあこの盤が発売された1990年って、時代的に日本ではワールド系音楽が大爆発していた時期ですし、こんなAOR的音楽なんて誰も見向きもしなかったワケではありますが(わっちも含めて)・・・。今更わっち如きが声を大にして「TWIN FIZZってめっさ良いですよ!」などと言ったところで手遅れも甚だしいですし、全ての人に無視されるのはわかっておりますが、やっぱり言わせていただきます。「TWIN FIZZは素晴らしいですよ!」ってことで、宜しくお願い致します~♪

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’09.28・Thu

田村英里子 「MAY BE DREAM」

ptamuraeriko001.jpg

 先日河田純子の盤を取り上げた時に同期に田村英里子がいるなんて書きましたけど、そう言えばわっちは田村英里子の盤も持ってるな~ってことを思い出しまして、棚から引っ張り出して来たのが今回取り上げます田村さんの1989年のデビュー盤であります。田村さんって当時のトップアイドルだったと記憶しておりますが、個人的にはあまりタイプではないルックスですので、全然関心がありませんでした。当時は川越“幸薄い仲間由紀恵”美和が一番好きでしたので(「REAL FACE」は名盤中の名盤ですよ!)、田村さんの歌って全く聞いた記憶が無いんですよね~。それよりも少年マガジンとかのグラビア写真で見かける機会の方が遥かに多かったかと思います。そう、わっちにとって田村さんってアイドル歌手というよりも、グラビアアイドルという認識なのであります。

 とりあえずは当時も現在もルックス的にはあまりタイプではない田村さんでありますが、こうやって改めてこのデビュー盤を聞いてみますと、手堅く制作された外さないアイドル盤だな~って印象があります。作曲は全て筒美京平ですので、それだけでもトップアイドル扱いだったということはわかりますよね?アレンジには小林武史の名前もあったりします。そんな楽曲を当時16歳だった田村さんが歌うワケでありますが、田村さんって意外に歌が上手いんですよね~。発声も音程もリズム感もシッカリとしていて、しかもアイドルらしい初々しさもちゃんと持ち合わせていますから、安心して聞くことが出来るかと思います。まあアイドル好きとしてはもうちょっと危ういところがあった方が、「あ~、支えてあげたい!」なんて感情移入が出来るんでしょうけど、そんなアイドル好きの想いなんぞどこ吹く風でシッカリと歌う田村さん、結構根性座ってそうな感じですね。

 とにかく何から何まで安定安心の1枚に仕上がっておりますので、わっちみたいなヘンなモノ好きにはスリルに欠けると言いますか、イマイチ面白味に欠けるなんて気がしてしまうのでありました。ルックス的にタイプじゃないし。しかしアイドル盤としては良く出来ていますので、アイドル好きとか当時の歌謡曲好きには掘出物の1枚になるんじゃないかと思います。エレクトロで装飾過多なアレンジは、河田純子盤と同じく如何にもあの時代って感じはしますけど、意外にディスコでファンクな音作りですので、それをカッコいいと感じる人は結構いらっしゃるような気は致します。まあアイドル冬の時代のトップアイドル盤ということで、アイドル好きであれば聞いておく価値はあるかな~って思います。別にお薦めは致しませんが。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’09.26・Tue

福田沙紀 「SAKIPPO」

pfukudasaki002.jpg

 今やその姿を全く見かけることが無くなってしまいましたが、女優兼歌手であります福田沙紀の2006年のデビューアルバムであります。このボログでは沙紀ちゃんの2010年盤を取り上げたことがありますが、歌手としての資質をシッカリと持ったことが感じられ作品に仕上がっておりまして、わっちはかなり気に入っている盤なんですよね~。ですので沙紀ちゃんの盤は色々とゲットしようと思っておりまして、昨年の12月に関西に行った時に三宮のブックオフの500円棚で発見したのが今回の盤であります。DVD付き2枚組也~♪まあDVDが付いていたって基本見ないんですけど。あ、でも沙紀ちゃんのアルバムって、現状はこの2枚だけみたいですね。

 それにしても沙紀ちゃんって、女優さんが本業ですからルックスがめっさイイのは当然として、歌手としても本当に魅力的ですよね~。とにかく歌が上手いんですよ沙紀ちゃんって。本業が歌手であったとしても、十分にヤッテいける実力があるのは間違いありません。キャピキャピはしていませんけど初々しい新鮮さがある歌声ですし、発声も音程もリズム感もシッカリとしていますので、色々なタイプの曲をキッチリと歌いこなす事が出来るんですよ。このルックスの娘がこんなステキな歌声を聞かせてくれるワケですから、そりゃあ萌えますわな。まあ歌手としての沙紀ちゃんをご存じ無い方は多々いらっしゃるかと思いますけど、ポップス好きの方であればきっとお気に召していただけるかと思います。2010年盤はダークな色彩が強めの歌でしたが、コチラのデビュー盤は表情豊かなカラフルな歌ですので、萌え度は相当に高いと思いますよ!

 そして曲がこれまためっさ良いモノが揃っているんですよね~。特にアン・ルイスが歌った「グッド・バイ・マイ・ラブ」のハマリ具合には見事でありまして、昭和歌謡をこんなに見事にさり気なく歌えるなんて、もう胸キュンキュンの激萌えであります!ハードロッキンなアレンジの「アタックNO.1」も悪くないですよ。全体的にはロック色がかなり強い歌謡になっておりまして、ちょいハスキーな部分もある沙紀ちゃんの歌声には良く合っていると思いますね。ロック色が強いとは言っても、歌謡の部分はシッカリと残っていますので、70年代とかの歌謡曲がお好きだった方には意外にアピールするんじゃないかと思いますが、如何でしょうか?ちなみにわっちが一番好きな曲は、和テイストな感覚がある4曲目の「青いバトン」ですかね~。5曲目のラテンな「想い出が泣いている」もステキであります。

 それにしてもですよ、こうやって沙紀ちゃんの盤を聞いておりますと、やっぱり歌手としての沙紀ちゃんって本当に魅力的だと思います。女優さんとして見かけることが無くなっている現在、マジで路線を変更して歌手活動をヤッテ欲しいと思う今日この頃。事務所がオスカーですから、中堅どころの沙紀ちゃんにカネを掛けることなんて無いと思いますけど、ここは一発本人に奮起してもらって、また見事な歌謡盤を出して欲しいモノだと思っております。期待してますよ、沙紀ちゃん!

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP