2017’05.18・Thu

TONI CHILDS 「UNION」

ptonichilds001.jpg

 アメリカかどっかのシンガーソングライター、トニ・チャイルズの1988年のアルバムであります。学生の頃は持っていたブツですが、英米のロック盤を大量処分した時に売り払ってしまったんですよね~。別に売って惜しくないと当時は思っていたワケなんですが、つい先日ブックオフの280円棚で発見してしまいまして、一体どんな作品だったか全然覚えていませんでしたし、懐かしさもあってついつい手が出てしまいました。でも実はこのブツに手を出したのは他に理由がありまして、それはデイヴィッド・リケッツが参加しているからであります。デイヴィッド・リケッツなんて言ってもご存じ無い方が殆どだと思いますが、その昔デイヴィッド・ベアウォルドと組んでデイヴィッド&デイヴィッドなんてグループをヤッテいた人であります。

 わっちはデイヴィッド&デイヴィッドは結構好きでありまして、めっさ歌が上手いベアウォルドをリケッツが見事なサウンド・プロダクションで支えるという、素晴らしいコンビネーションを聞かせる連中でありました(スティーリー・ダンを引き合いに出す人もいましたね)。わっちはベアウォルドの歌もリケッツの音作りも好きでしたので、この2人がコンビを解消してからも動きは注目しておりましたが、ベアウォルドはソロ・アルバムを何枚か出して姿を消してしまったものの、リケッツはシェリル・クロウのアルバムに参加して名を上げたりしてましたよね~、今はどうしているのか知りませんけど。そんなリケッツが参加している今回の盤は、わっちにとっては注目盤なのでありますよ。

 で、本当に久方振りに聞いたこの盤でありますが、内容は全然覚えていなかったものの、やっぱりイイんですよね~。ちょいと喉に力を入れた黒っぽい歌い方をするチャイルズの歌は、実に個性的で、好き嫌いは分かれると思いますけど、リケッツが作り出す立体的で少々浮遊感のある洗練された音が、チャイルズの歌を素晴らしく引き立てているのであります。多分ですけど、音にうるさい人だったら、チャイルズの歌よりもまずは先にリケッツの音作りに耳が行ってしまうんじゃないかと思います。それ位に「見事にイイ音」だとわっちには感じられるのですが、いかがでしょうかね~?チャイルズが書くファンクだったりロックだったりポップだったりするバラエティに富んだ曲も、リケッツの音にピッタリとハマっていますし、実にバランスが良い作品に仕上がっていると思います。

 う~む、コレはやっぱり良い作品だと思いますね~。80年代のブツではありますけど、「如何にも!」な80年代的な音では全くありませんし、今の時代に聞いても鑑賞に堪え得ると言いますか、新鮮に聞くことが出来る優良盤だと思います。ウソだと思うなら、騙されたと思って聞いてみて欲しい…と言いたいところですが、今時こんなブツは手に入らないですよね~。もし興味がおありの方は、中古盤を探してみて下さいませ~。もし見つかったら、「80年代にこんなに良い洋楽があったんだな~」って実感出来ると思いますよ!

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’05.17・Wed

PERFUME 「TOKYO GIRL」

pperfume002.jpg

 実はわっちはパフュームってあまり好きじゃないというか、興味も関心もありません。聞いたことがあるブツはデビューアルバムぐらいなんですけど、この連中の曲ってフツーにテレビだのラジオだの店だので流れて来ますから、曲は意外に色々と耳にしております。耳にする度に「あ~、いつものことながら変わり映えしない連中だな~」なんて感じていたワケなんですが、今回のシングル曲にはちょっと耳を惹き付けられてしまいました。

 途中で見るのをやめてしまったんですけど、ドラマ「東京レバニラ娘」、じゃなくて「東京タラレバ娘」に使われていた曲でありまして、ポップで切ないメロディが実にイイな~なんて。それに今回は歌声を機械処理してないように聞こえまして、ダイレクトに曲の良さが耳に入ってくるのであります。まあ別にどうでもイイっちゃあどうでもイイことなんですが、初めてパフュームの曲を好きになったかな~という、ただそれだけのことであります。

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’05.16・Tue

RED GUITARS 「SLOW TO FADE」

predguitars002.jpg

 暫くマトモな音楽ネタをアップしておりませんでしたので、ここらで一発かましておきましょうか。イギリスのロックバンド、レッド・ギターズの1984年のアルバムであります。実はこのブツ、もう15年以上も探していたんですけど、今年の2月にスキャンダルのベスト盤発売記念の抽選会に行ってハズレを引いた後、気分が沈んだ状態でブックオフの280円棚を見ていた時に大発見したのでありました。もちろん気分は一気に大興奮!わっちの女神様であり菩薩様でありますスキャンダルのマミたんが、ハズレを引いたわっちに授けて下さったお宝であると認識している次第なのであります。あ~神様仏様マミたん様、感謝致します~♪

 ところでこのレッド・ギターズというバンドでありますが、初めて耳にしたのは高校生の頃だったかと思いますが、ラジオから流れて来たエスノ風味のおかしなギターを大々的にフィーチャーしたその音楽は、強烈に耳に残ってしまったのでありました。その後アルバムを色々と探し回ったのですが全く見つからず、15年ぐらい前に一度だけ大阪は梅田のDISC JJで見かけたことがあったのでありました。しかし何故かその時はすぐに買わず、数日経ってからやっぱり買おうと思って行ってみたら既に無くなっていて、それ以来全く見かけることが無くなってしまったのであります。「しまった、あの時に買っておけば良かった!」と、激しく後悔しましたね~。そんな経験がありましたので、先日このブツを見つけた時は飛び上がる位に嬉しかったのであります。

 それにしてもこのバンド、本当にギターがめっちゃくちゃに特徴的ですよね~。素っ頓狂でスットコドッコイなおかしなフレーズを、やりたい放題に弾きまくっているんですけど、それが素晴らしくカッコいいんですよ。しかも「オマエ等、絶対にリンガラとか南アフリカの音楽とか聞いてたやろ!」という感じのアフロなギターを聞かせたりもしますし、英国ニューウェーヴのバンドは個性的な連中が多かったですけど、その中でも群を抜いて輝いていたバンドではないかと思います。とにかくギターがあまりに強烈ですので、曲のメロディもヴォーカルも全然印象に残らないんですけど、コレはコレでイイんだと思います。わっちはこのギターを聞いているだけで十分満足でございます~♪

 この盤、やっぱり長年探し求めていた甲斐があったと言いますか、ゲットすることが出来て本当に良かったと思いますね~。基本的に英国ニューウェーヴの音楽は大好きなんですけど、その中でも最大の怪盤にして最高傑作だと、わっちは思っております。これまではエコー&ザ・バニーメンの「オーシャン・レイン」が英国ニューウェーヴの最高の名盤だと思っていましたが、それに並びますかね~。ワールド系の音楽がお好きな人が聞いても「おっ!」と思うところがある、実に面白い盤だと思いますよ!

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’05.14・Sun

とりあえずは

 昨日は管理者画面にログイン出来ないと一人で騒いでいましたが、とりあえずはGoogle Chromeを使ってログインすることに成功しましたので、動きが遅くて使い難いんですけど、コレでヤッテ行くしかないかと思います。それにしても、技術革新だか何だか知りませんけど、昔のパソコンがどんどん使えなくなって行く状況って、何だか腹立ちますよね~。わっちのパソのOSはWindows XPですけど、突然Youtubeが全く使えなくなりましたし、インターネット・エクスプローラーでは急にログイン出来なくなりましたし、一体何なんだって感じです。

 まあとりあえずはボログを更新出来る形にはなりましたので、今後もボチボチと続けて行きたいとは思っております。しかし仕事の状況はまだまだ全然変わりませんので、更新頻度は下がったままの状態が続くのではないかと思いますが、今後もお付き合いいただけたら幸いでございます~♪

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2017’05.13・Sat

どうでもよくない話~もうワケわからん!

 最近は仕事が忙し過ぎてボログの更新が難しいだの何だの言って来ましたが、ここに来てまた問題が発生してしまいました。昨日の晩ですが、ボログの更新をしようと管理者画面にログインしたところ、何故か突然電源が落ちて勝手に再起動が始まりました。「何じゃこりゃ?」と思いつつ、再び管理者画面にログインしようとしたところ、インターネット・エクスプローラーでは表示できないとかいうエラーが出て来て、全くログイン出来なくなってしまったんですよ。日を改めて本日ログインしようとしても、やっぱりダメ。普段使ってない別のパソを使ってやっとのことで管理者画面にログインして、この文章を書いているんですけど、メインのパソが使えないとなると、今後のボログ更新にめっさ支障が出てしまいます。困ったモンじゃな~。仕事が異常に忙しくなったり、ログイン出来なくなったり、わっちにボログを辞めろってことですかね?

 何だか全くワケわからない状態なんですけど、どなたか解決方法をご存知ないでしょうか?まあ別にこんなボログが無くなったところで誰も気にしないんでしょうけど、続ける意思はあるのに環境のせいで更新が難しくなるなんて、本意じゃないですしね~。誰か助けて下さい・・・って、誰も助けてくれないと思いますけど。

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP