2017’03.24・Fri

FRANCO ET LE TOUT PUISSANT O.K..JAZZ 「LE GRAND MAITRE FRANCO」

pfrancotpokjazz012.jpg

 昨年のクリスマス関西旅にて神戸で発見しました、リンガラの大巨人フランコ先生の1990年のアルバムであります。全6曲入りですね。タイトルに「ル・グラン・メートル」とありますが、実は音楽評論家の中村とうよう氏選曲の日本独自編集盤に同じタイトルのブツがありますので、見つけた時は「もしかして中身が同じ?」なんて思いましたが、中村氏選曲盤に収録されている大ヒット曲「マリオ」が入っていませんので、多分全く別の盤と判断してゲット致しました。家に戻ってから確認してみると、カブっているのは3曲でした。6曲入りで3曲のカブリは多いかもしれませんが、フランコ先生の音楽大好きなわっちにとっては、そんな些細な事はどうでもいいです。聞けるだけで嬉しいですから。

 ところで今回の盤にはブツにデータが一切記載されていませけど、中村氏の選曲盤の解説によると80年代後半の録音物らしいです。中村氏はこの盤の曲を自分の編集盤に入れているワケでありまして、そりゃあ曲もカブリますわな。しかしこの盤を聞けば、編集盤に曲を入れたくなる気持ちはよくわかります。一般的にフランコ先生の全盛期は70年代と言われていますが、フランコ先生の晩年とも言えるこの80年代後半の録音盤には(フランコ先生は89年に亡くなっています)、70年代録音に負けない瑞々しさや新鮮さがありますから、わっちが編集盤を作ったとしてもココから何曲か選ぶでしょう。晩年になっても枯れることの無いフランコ先生の音楽は、本当に魅力的だと思いますね~。

 それにしてもこの盤に収録されている曲の素晴らしさは、筆舌に尽くし難いモノがありますよね~。リンガラ(ルンバ・コンゴレーズと呼ぶ方がイイのかな?)の良さが全てココに集約されている、なんて言うとちょっと大袈裟かもしれませんけど、時間をかけてゆったりと盛り上がるグルーヴは、まさに天上の音楽って感じです。優しくて甘い男性コーラス、ホンワカした女声コーラス、キラキラと輝くようなギターの音色、活力溢れる温かい音のホーンセクション、控え目ながらシッカリと屋台骨を支えるベースとドラム、全ての音が限り無く美しいです。オーケストラ・バオバブあたりのゆったりした極上のアフロ・キューバンとはまた違ったリンガラ独特のノリは、やっぱりわっちにとっては最高のアフリカ音楽ですね~♪

 別にどうでもいい話ですが、中村氏が自分の編集盤の解説に書いている通り、フランコ先生の音楽を聞いていると、「何もほかのことをする気になれない」「いつまでも聞いていたい」なんて気分に本当になって来るんですよ。う~む、一体何なのでしょうか、この素晴らしさって。いつどこで聞いてもそんな気分にさせてくれるフランコ先生の音楽、いくらスキャンダル病に冒されたわっちとは言っても、フランコ先生の音楽は絶対に必要ですね~。イヤイヤ、こんな素晴らしい音楽に出会えて、わっちは本当に幸せ者だと思っております~♪

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’03.23・Thu

YOUSSOU N’DOUR ET LE SUPER ETOILE DE DAKAR 「VOL.1」

pyoussoundour002.jpg

 今や往年の輝きをスッカリと失ってしまったセネガルのスーパースター、ユッスー・ンドゥールでありますが、若い頃は本当に素晴らしかったんですよね~。80年代から90年代にかけてのユッスーはサリフ・ケイタと並ぶ、「泣く子も笑う」素晴らしい歌手でありました。そんなユッスーの最高傑作は1990年の「セット」であることは、誰もが認めることだと思います。勿論わっちも異論はございませんが、個人的に一番好きなユッスーのアルバムは1984年のワールド・デビュー盤「イミグレ」だったりして。

 今回取り上げるブツは多分2003年頃に発売されたアルバムで、ユッスーが所属していたバンド、スーペル・エトワール・ドゥ・ダカールの1982年の音源が6曲収録されています。ただこのブツはセネガルで発売されていたカセットテープを音源としているらしく、ハッキリ言って音はよろしくないです。多分テープが伸びたカセットを音源としているのだと思いますが、音が歪んだり左右によれたりするんですよね~。ぶっちゃけ、CDなのに全然CDらしくない音なのであります。ですので中には「こんな音はガマン出来ん!」なんて人もいらっしゃるのではないかと思います。しかし「イミグレ」に近い時期の音源だけあって、音はよろしくなくても内容はめっちゃくちゃに素晴らしいんですよ!

 とは言ってもユッスー単独名義ではなくバンドとしての音源ですので、ユッスー以外の歌手がメインで歌う曲も入っています。しかしながらソロになったユッスーを支え続けたのはこのバンドですから、音楽的には「イミグレ」と比べて大きく変わるワケではありません。言ってみればワールド・デビューする前の、地元での素の姿のユッスーを聞けるブツということになるかと思います。ワールドワイドな作品ではありませんのでスッキリと整理された音ではないのですが、凄まじく熱気を帯びた演奏とバンドとしての一体感が圧倒的であります。ジックリ聞いているとアドレナリンが分泌されて来ると言いますか、物凄い高揚感を煽られる音楽でありまして、初期ユッスーの凄さを実感出来る素晴らしい音源だと、わっちは思いますね~♪

 ところでこのブツは「VOL.1」と題されていますが、地元のカセットを音源としたシリーズがVOL.4まで発売予定だったとか。実際に4枚発売されたのかどうかは知りませんけど、もしあるなら4枚全て揃えたい音源ですね~。「セット」よりも「イミグレ」が好きなわっちみたいな人間には、まさにお宝音源と言っても過言ではありませんので。こんなお宝をブックオフの500円棚で見つけたのは本当にラッキーだったと思いますが、出来れば残りもブックオフの安棚で発見したいなどと、実に図々しいことを考えていたりする今日この頃。まあ何にしても、若い頃のユッスーは本当にめっさ素晴らしいことを改めて実感した、ころんなのでやんす!

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(2) TOP

2017’03.22・Wed

PEDRO ARROYO Y SU ORQUESTA 「VINE PA’QUEDARME」

ppedroarroyo001.jpg

 コロンビア出身のサルサ歌手ペドロ・アロージョの、1989年盤であります。全く知らない人だったんですけど、当時のサルサ界では「涙のソネーロ」なんて言われて、哀愁たっぷりの歌唱がサルサマニアの間では評判になったらしいです。80年代のサルサと言えばサルサ・エロチカとかサルサ・ロマンチカなんて言われる、スムーズ&オッサレーな音が主流でありまして、中村とうよう氏あたりが先頭切って批判しまくってましたよね~。オカマ歌手の腑抜けサルサ、みたいに評されていた記憶があります。以前はサルサが嫌いだったわっちにとっては、硬派なサルサもオカマサルサもどっちもどっちって感じだったんですが、確かにオカマサルサは気持ち悪いかな~って気はしておりました。

 今回取り上げる盤ですが、ジャンル的には所謂サルサ・エロチカであります。ペドロ・アロージョというおっさんは女性的な高い声で朗々と歌う歌手なんですけど、ちょいとナヨっとした感じもありますので、確かにオカマ歌手と呼ぶに相応しいかもしれません。そんなオカマ歌手が、スムーズ&オッサレーなサウンドに乗せて女性的な歌を聞かせるワケですから、70年代に大爆発していたバリバリに硬派なサルサこそホンモノのサルサだと思っている人からすれば、「こんなモンはサルサじゃねえ!」なんて言いたくなるのもわかる気はします。ウィリー・コローンとかイスマエル・ミランダとか聞いていた人からすれば、軟弱過ぎて聞いてられないって感じでありましょう。

 わっちもこのブツが発売された当時は忠実なミュージックマガジン誌の信者でしたから、中村氏が悪口を言っているエディ・サンティアーゴなんかを聞いて、きしょいサルサなんて思っていました。もし当時このアロージョ盤を聞いていたら、「きしょカマ歌手の軟弱サルサ!」なんて切り捨てたことでありましょう。しかしとっくの昔にMM誌の信者を卒業して、すっかりとサルサ好きになった現在の耳で本当に久~し振りにサルサ・エロチカを聞いてみますと、コレが意外に聞けるんですよ。まあ比べてみれば、歌手とバックの演奏が対等な関係で火が点いたかのように盛り上がって行く70年代サルサとは全然違っていて、歌手がメインでバックの演奏はそれに隷属しているみたいな感じですから、「こんなのサルサじゃねえ!」と言えないことはないかと思います。しかし、70年代サルサとは全く別物の、オッサレーなサルサ風の歌謡曲として割り切って聞けば、コレはコレでありなのかな~って気がしますね。

 だからと言って積極的に聞きたい音楽かと言うと別にそんなことはないですし、どうせ聞くなら70年代サルサを掘り下げて行きたいと思いますが、こういう音楽があるというのを知っておくのもアリだと思います。あと、別にどうでもいいんですけど、出来れば軟弱オカマ歌手のエディ・サンティアーゴを超久し振りに聞き直したくなって来ましたので、ボチボチとどこかで探し当てられたらな~と思っている、今日この頃なのでやんす。

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’03.21・Tue

激しくどうでもいい話~久し振りにこにたんと対談

 今年に入ってから、ヒワイイ大使、私老化防ぎ隊、裸のロリーズの連中が殆ど出て来ていませんけど、それは単に書くのが面倒なだけであります。仕事がめっさ忙しくて、色々と書き分ける気力も時間も無いってことで。しかしメンバー達の間では不満も噴出しているようでありまして、とりあえずヒワイイ大使のこにたんと対談しておこうかと思います。便宜上こにたんは「こ」、ころんは「ろ」と表記します。それでは早速。

こ「『迷子の迷子の子猫ちゃん~ あなたのおうちはどこですか~♪』」
ろ「何故そんな歌を歌ってるんですか?」
こ「『い~ぬ~の~おまわりさん、怒ってしまってバンバンババン♪』」
ろ「撃っちゃダメでしょう?子猫を撃ち殺す犬のお巡りさんなんて。」
こ「アメリカではしょっちゅう白人警官が黒人を撃ち殺してるぞ。それに比べれば遥かにマシだ。」
ろ「そういう問題ではないでしょう。」

「泣いてばかりの子猫なんぞ撃ってしまえ!」byこにたん
pkoni001_2017032021424744a.jpg

こ「新しいアイドル・グループを作って、この歌を歌わせるぞ。」
ろ「また勝手なこと言って。ダメですよ、これ以上アイドル・グループなんて作りません。」
こ「水曜日のカンパネラに対抗して、木曜日のサルモネラでどうだ。」
ろ「だからダメですって。それに何故そんな食中毒みたいな名前を?」
こ「面白いからだ。」
ろ「面白くないですよ。いつもならが酷いネーミング・センスですね。」
こ「『血ぃ吸うたろか~ お前の血ぃ吸うたろか~♪』」
ろ「血を吸われたら、こにたんになるんですか?」
こ「それは素晴らしいな。」
ろ「地球が滅びますよ。」
こ「何を言うかこのクソ野郎め。そもそもキサマがヒワイイ大使の連中を全然登場させないから、不平不満が噴出しておるぞ。」

「不平不満だらけなのです~。」byはりー
phiwaiihari035_20170320214632d44.jpg

ろ「それは知ってますよ。しかし書くのが面倒なんですよね~。」
こ「だろう?それだからこその新アイドル・グループだ。」
ろ「はい~?」
こ「マンネリ化しているということであろう。だったら新しい人材を入れて新鮮な気持ちで書くのが良い。」
ろ「まあ一理あるかもしれませんけど、これ以上キャラは増やしませんよ。」
こ「キサマの大好きなマミたんみたいな娘と、大原櫻子みたいな娘を組ませて、木曜日のサルモネラ。」
ろ「だからダメですって。」
こ「その二人にアコギの弾き語りさせて、『ボク要らん』ってユニット。」
ろ「ボブ・ディランのモジリですか?」
こ「スラックキー・ギターを弾くユニットで、『オケラ・ビーマー』でもいいぞ。」
ろ「金欠のギタリスト?」
こ「それがイヤなら、三十路のババアの『年増園』ってユニットはどうだ?ウチ等のマネージャーを『おかみさん』としてメンバーに入れる。」

「おかみさん?」byマネージャー
pokamisan001.jpg

ろ「どっかの風俗店みたいな名前ですね。何にしてもダメです。それにマネージャーを『おかみさん』呼ばわりなんて、めっさ失礼ですよ。若くてカワイイじゃないですか。」
こ「ウチはキサマの為を思って言っておるだけだ。」
ろ「よくそんなウソがスラスラ出て来ますね。」
こ「まあ何にしてもだ、ヒワイイ大使とか私老化防ぎ隊の連中を出さないなら、連中を納得させるネタが必要だぞ。」
ろ「それはそうでしょうけど、出すも出さないもわっちの一存ですし。それに新しいグループを結成させてその連中に書かせたって、誰も納得しないでやんしょ?」
こ「めぐりんなんぞは、『最近はラテンのネタが多いのに全然自分の出番が無いから、もうこんなグループ脱退してやる』とか言ってるぞ。」

「脱退しますよ!」byめぐりん
phiwaiimegu007_20170320214825e73.jpg

ろ「わっちが書きたいんですよ、ラテンのネタを。ラテンだけじゃなくて、アフリカネタとかも自分で書きたい気分なんでやんすよ。」
こ「そんなこと言ってる内に、メンバーが誰もいなくなるぞ。」
ろ「それは困ります。みんなわっちのお気に入りのキャラですし。」
こ「気持ちの悪いことを言うなボケ。キサマ如きのお気に入りだなんて、迷惑なだけだ。」
ろ「事実ですよ。」
こ「う~む、この気持ち悪さ、マミたんの気持ちがよくわかるな。」

「わかってもらえますか?」byわっちのマミたん
pscandalmami019.jpg

ろ「まあその内ですが、気が向いたら出すようにしますよ。」
こ「じゃあそれまでの繋ぎとして、新アイドル・グループを出す。」
ろ「だから出しませんって。単に新キャラを選ぶのが趣味なだけでやんしょ?」
こ「沢尻エリカみたいなクソ生意気な女をソロアイドルとしてデビューさせよう。名前は『触り尻エリカ』。キサマみたいに女子の尻を触るのが趣味という、単なる変態女だ。」
ろ「アンタはアホですか。」
こ「『大原錯乱子』でもいいぞ。メンヘラ女を捕まえて。」
ろ「櫻子ちゃんに対する冒涜ですよ。」
こ「『サイレンとサイレン』ってロックバンドでも作るか。」
ろ「発音すればサイレント・サイレンと全く一緒じゃないですか。」
こ「表記すれば全く違うぞ。」
ろ「いい加減にして下さい。新しいグループなんて作りません!ヒワイイ大使とかのメンバーは、その内必ず出します!」
こ「信用出来るかこのボケ!」
ろ「事実、こうやってこにたんを出したじゃないですか。」
こ「そりゃ確かにそうだが、他に登場していないメンバーはたくさんいるぞ。」

「実は私も登場してないんですよね~。」byななみー
phiwaiinana042_2017032022130380c.jpg

ろ「だからその内出しますって。」
こ「その保証が無ければ、その内みんな反乱を起こすぞ。」
ろ「そうならないようにしますので。」
こ「などと言って、マミたんだの櫻子ちゃんだのあいにゃんだのと、若い女子にばかりウツツを抜かしている気色の悪い変態ロリコン野郎の言うことなんぞ信用出来るかボケ!」
ろ「ロリコンじゃないですし、マミたんやあいにゃんは立派な大人の女性ですよ!」
こ「そんなことはどうでも良い。とにかくキサマのような変質者の言うことは信用出来るわけがないであろう。」
ろ「じゃあまずは、こにたんが辞めてもらえますか?」
こ「なぬ?」
ろ「他のメンバーがいなくなるのは困りますが、こにたんみたいな無礼者のならず者はいなくなった方が良いと思います。」
こ「バカめ。他の連中がいなくなって、絶望に暮れているキサマの顔を見るまで辞められるか。そんな面白いモノをウチが見逃すはず無いであろう。」
ろ「お前クビ!」
こ「黙れ。ウチは最後までココに残るぞ。」
ろ「とか何とか言って、実はわっちのことが好きなんでやんしょ?」
こ「殺すぞキサマ。吐き気がするわ。これ以上キサマなんぞとは話すことは無い。さらば!」
ろ「あ、消えた!」

 以上、激しくどうでもいいこにたんとの対談でした。まあヒワイイ大使の連中が出て来ないことを気にしておられる方がいらっしゃるはずが無いのですが、その内登場させたいと思っております~♪

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’03.20・Mon

激しくどうでもいい話~また音楽雑誌を買ってしまいました!

poharasakurako004.jpg

 先日、サイレント・サイレンが表紙&特集の「GIGS」という雑誌を買ったことを書きましたけど、本日はそのGIGSの別冊であります「ヒキガタリズムVOL.3」という雑誌を買ってしまいました。何故なら、ご覧の通りわっちの大好きな大原櫻子ちゃんが表紙&特集だからであります。あ、ちなみに「VOL.2」はNMB48の山本彩が表紙&特集でありまして、こちらも買うかどうか検討中であります。まあ彩ちゃんのことは置いとくとして、とりあえずは、めっさカワイイ櫻子ちゃんの写真を見てムフフ~&グフフ~な至福の時を過ごしているのであります~♪などと言っていると、わっちのマミたんにまた「この浮気者っ!」などと回し蹴りを喰らわされてしまいますね。

ムフフ~&グフフ~な櫻子ちゃん
poharasakurako005.jpg

 まあ櫻子ちゃんがめっさカワイイからこの雑誌を買ったというのは偽らざる本当の理由なんですけど、もう一つは櫻子ちゃんが使っているギターを紹介しているからというのもあるんですよね~。櫻子ちゃんのCDのブックレットを見たことがある方ならご存知かもしれませんけど、櫻子ちゃんがタカミネ製のギターを抱えている写真がありますよね?フレットにサクラのインレイがあって、一番ハイポジションのフレットに「SAKURAKO」と名前が入っている、櫻子モデルのギターが写っているんですけど、わっちはそのギターにもめっさ興味があるのであります。この雑誌にはそのギターもシッカリと紹介されているのが嬉しいんですよね~。オーディトリアム・サイズの赤のサンバーストのエレアコなんですが、櫻子ちゃんにめっさ似合っていてとってもイイ感じ。わっちもこのギターが欲しいな~なんて。

櫻子モデル
poharasakurako007.jpg

 あと、もう一つの密かなポイントは、スキャンダルのベスト盤に収録されている新曲「HELLO」のタブ譜が載っていることですね・・・って、全然ギターなんて弾いていないんですけど、櫻子ちゃんモデルのギターをゲットしてスキャンダルの曲を弾くのが、今のわっちの望みなのであります(?)。まあその前に現在持っているマーティンのD-18をちゃんと弾けって話なんですが、やっぱりギターは見た目が大事ですからね~。シンプル極まりないD-18よりも、櫻子ちゃんモデルの方が魅力的だしな~などと思ったりして。とは言っても、櫻子ちゃんモデルは特注品ですから一般販売されていませんし、実際は買うことなんて出来ないんですけどね。

「フェンダーのマミ・モデルは一般発売されてますよ!」byわっちのマミたん
pscandalmami019.jpg

 何にしても、櫻子ちゃんの写真&インタビュー満載のこの雑誌、ゲット出来て大満足の一冊であります。よ~し、次は山本彩が表紙&特集の「VOL.2」をゲットするぜ!などと企んでいる、ころんなのであります!

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP