2017’07.20・Thu

AFRICAN JAZZ PIONEERS 「SIP’N FLY」

pafricanjazzpioneers001.jpg

 南アフリカのジャズバンド、アフリカン・ジャズ・パイオニアーズの1993年盤であります。南アフリカのジャズと言えば、マニアの所有物になってしまったような小難しいアメリカのジャズなんかとは違った、パ~っと開かれたポップス的な楽しさが大きな魅力かと思います。その辺は前に取り上げましたザックス・ンコーシの盤とか、ダラー・ブランドの南アフリカ録音盤なんかでも十分に感じられるかと思います。マハラティーニやマホテラ・クイーンズなんかで有名なンバカンガにも通じる面白さがあると言いますか、ジャズが元々大衆の為のダンス音楽であるということを実感させてくれる、ジャズの原点を感じさせてくれる音楽だと思いますね~♪「楽しくて当然!」って感じの音楽なんですよ。

 ですのでこういうジャズを聞くとホッとする、なんて言い方は変ですけど、南アフリカのジャズはポップスを聞く時と同じ耳で聞けるのがイイんですよね~。わっちはジャズという音楽に苦手意識がありまして、まあそれはジャズファンにツウぶった変な連中が多いからであって決してジャズそのものが悪いワケではないんですけど、どうしてもジャズを聞く時はちょいと身構えてしまうんですよ。ジャズファンのせいで「ジャズは小難しい音楽である」というイメージが、完全に身に付いてしまっておりますので。とは言っても、最近はかなり苦手意識を克服していますけどね♪ジャック・ディジョネットめっさカッコエエとか、デイヴィッド・マレイのサックスの音サイコーとか、スティーヴ・コールマンめっさクールとか、フツーに言ってますし(言ったか?)。

 でも南アフリカのジャズって、やっぱりアメリカの小難しいジャズとは全然違っていて、「ジャズなんて嫌いじゃ!」なんて人でも十分に楽しめると思います。わっちの師匠であります高橋健太郎先生が書かれている解説を見ますと、このバンドの連中はアフリカン・ジャズとアメリカン・ジャズは別物であると明確に認識しているらしいですし、この腰に来る楽しいビート感は、「ジャズである以前にアフリカン・ミュージックである(by師匠)」ということを、高らかに宣言しているようにわっちには感じられるのでやんす。と言いますか、ジャズの原点を取り戻しているとでも言いましょうか、「これぞジャズじゃ!」なんて気がするのであります。

 それにしてもこの盤、音楽もめっさ良いですけど、音も良いですね~。とにかく響きが気持ちイイんですが、サックスやラッパの音も柔らかくて楽しげに響いていますし、ベースがブイブイと前に出て来て(サイサイのあいにゃんのベースみたい!)、ブラシで叩くドラムの音も耳にとっても優しいですし、全てがサイコーですね!オーディオ的に良い音なのかどうかは知りませんけど、こういう柔らかくて耳に優しい、低音から高音までのバランスがシッカリと取れている音って、わっちは大好きであります。この音につきまして、出来ればオーディオ・マニアの方の意見も聞いてみたいところであります。

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’07.18・Tue

R.E.M. 「AUTOMATIC FOR THE PEOPLE」

prem009.jpg

 前にベスト盤を取り上げて以来、R.E.M.史上で最も美しいと言われるこの1992年盤を聞いてみたいとず~っと思っていたのですが、ラッキーな事にブックオフの280円棚で発見致しまして、喜んでゲットした次第であります。これまでこの盤だけは、安棚どころか普通の値段の棚でも見かけることがありませんでしたからね~。とりあえずは早速ウォークマンに落として、通勤の時に聞いてみたのであります。すると・・・ありゃりゃ、コレってそんなに良いか?って感じなんですよね~。

 マイケル・スタイプって、元々抑揚の無いお経みたいな歌を歌う人ですが、ウォークマンで聞くとそれが一層強調されると言いますか、聞いている内にこの平板な歌が段々とイヤになって来るのであります。曲自体はイイ感じなんですけど、音も何だかショボく聞こえますし、何よりもこの歌声で全てが退屈に聞こえて来るって感じなんですよね~。え~、こんなのがR.E.M.史上最も美しいと言われる盤なの?最近はすっかりとR.E.M.のことを見直していたのに、何だか水を差された感じ~。しまった、こんなのなら聞かなきゃ良かった、などと思ったワケでありますよ。

 ところが!であります。試しに家のDVDプレーヤーに盤を放り込んでスピーカーで再生してみると、めっさエエじゃないですかコレ!ガッツリとストリングスを使ったアコースティック・タッチの音作りが実に繊細な響きで、平板な歌に彩りを与えているんですよね~。如何にもスティール弦を弾いていますというアコギの音も実にイイですし、ボトムを支えるチェロの音も地味ながらドーンと出て来ます。根幹を為すバンド・アンサンブルも、何と言いますか、どっかの木造の小屋で一発録りしたような空気感を持っていて実にカッコ良く、思わず聞き惚れてしまいますね!音がコレだけ良いと、聞こえて来る音楽の印象も当然全く違って来るってモンであります。平板な歌にも優しげな表情が出て来ましたし。なるほど、R.E.M.史上最も美しい盤と言われる理由がわかったような気が致します。へ~、ウォークマンで聞くのと全然違うじゃん。

 別にわっちはオーディオマニアでも何でもないですけど、再生装置によってこれだけの印象の違いが出て来ますと、ある程度はシッカリと音を再生出来る装置で音楽を聞く必要があるのかな~って思いますね。まあわっちの部屋の装置はDVDプレーヤー、アンプ、スピーカー全て合わせても5万円ちょいで、皆様が使用されている装置とは比べ物にならない程の安物だと思いますが、わっちの安い耳が満足するだけの音は出してくれますし、多分マトモな音を出しているんだと思います。あ、別にウォークマンの音が悪いってことではなくて、向き不向きがあるってことなんだと思いますけど、音楽の特性に合っていると自分が感じられる装置で再生するのって、もしかしたら結構大事なことなのかな~なんて思う、今日この頃なのでやんす。とりあえずわっちの部屋の装置は、わっちにとっては素晴らしく良い音を出してくれております~♪オーディオ・マニアからすれば、クソみたいな音なのかもしれませんけど。

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’07.17・Mon

激しくどうでもいい話~鹿児島に行っておりました。

 この3連休ですが、わっちの両親がいる鹿児島に行っておりました。ですのでボログ更新を2日サボってしまったワケでありますが・・・って、単なる言い訳ですけど、鹿児島でしか買えない焼酎とか、今時?って感じのサツマイモとかもゲット出来ましたし、なかなか楽しかったと思います。ただ、ここ数年施設に入りっ放しでず~っと寝たきりになっている母のお見舞いもしたワケでありますが、やっぱり母の状態を目の当たりにすると、めっさヘコんでしまうんですよね~。今や全く喋ることも出来ず、それどころか自分では指先一つ動かす事が出来ない状態で、ただただ苦悶の表情を浮かべている母を見ますと、そりゃあヘコんで当然なんですけど。自分では何も出来ずにただ生き長らえているだけの状態で、言い方は非常に悪いですけど、言わば生ける屍なワケであります。

 こんな状態でも母自身が生き続けたいと思っているのかどうかは、知る由もありません。まあこんな状態になっても生き長らえていることには、おそらく何らかの意味があるんだと思います。それを汲み取ってやるのが家族の務めなんでしょうけど、それにしても家族として何もしてやれないのが非常にもどかしいんですよね~。とりあえず今のわっちに出来る事は、時間を見つけて母に会いに行ってやること位なんですけど、もはやわっちのことを認識しているのかどうかさえわかりませんし(医者の話では、頭自体はシッカリしていて外界の事はちゃんと認識しているらしいです)、地獄の責め苦を受けている受刑者のような形相を浮かべている母を見ますと、もう楽になって欲しいなどとも思ってしまうのであります。

 というワケで、自分の中では何とも整理がつけられない状態なんですが、既に100%治る見込みが無い状態ですから、あとはこれ以上母が苦しまないように願うばかりであります。と同時にコレを反面教師として、自分達は絶対にこうならないように、今の内から出来ることはシッカリとヤッテおかなければならないと思う次第なのであります・・・などと、なかなかにヘヴィな3連休を過ごしている、ころんでございました~♪

車のBGMは山本彩がめっさイイ感じ。車の中では今年一番聞いております。
pyamamotosayaka001_20170717183300da6.jpg

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’07.14・Fri

BALAKE SISSOKO - VINCENT SEGAL 「CHAMBER MUSIC」

pbalakesissoko001.jpg

 ブックオフの280円棚をツラツラと見ていた時のこと、「SISSOKO - SEGAL」なんて書いてある背表紙のブツを見つけまして、ヒョイと手に取ってみました。するとジャケがコラとチェロを弾いている人のイラストでしたので、興味を惹かれて試しにゲットしてみたのでありました。それがバラケ・シソッコとヴァンサン・セガール(って読むのかな?)が組んだ2009年のコチラの盤でありまして、二人とも見たことも聞いたことも無い人なんですけど、コラとチェロの組み合わせって何だか面白そうじゃないですか。心落ち着く優しい室内楽みたいな音楽だったらイイな~とか思って、ゲットした次第であります。

 基本的にこの盤に収録されているのは、二人のコラとチェロを中心に据えて演奏されている静謐な音楽でありますが、これが期待通りの心落ち着く~って感じの音楽になっているんですよね~。まあゴリゴリのアフリカ音楽ファンからすれば、「こんなモノはアフリカ音楽じゃない!西洋のクラシックに毒された許し難い音楽だ!」なんてことになるんでしょうけど、わっちはコレはコレでありだと思います。確かにカンテ・マンフィーラのカンカン・ブルース・シリーズなんかと比べると、アフリカらしい人間味溢れる温かさとか、誰にでも開かれているような大らかさには欠けると思います。でも、単純にこの音楽って美しいですよね?

 「美しい」の基準は人それぞれですし、わっちが「美しい」と感じるモノは或る人にとっては全然美しくない、というのは当たり前でございます。ですので、おそらくバリバリのアフリカ音楽ファンには美しいとは感じられないと思いますけど、フツーに音楽が好きな人であれば、この盤で聞けるコラとチェロの音の響きは美しいと感じられると思うんですよね~。「あ~、何だか癒される音だな~」って感じで。コラの音を表現する時にわっちがいつも使う言葉ですが、「まるで宇宙と交信しているかのような」響きを存分に堪能することが出来ますし、落ち着いたチェロの如何にもヨーロッパ的な響きも、コラの音を優しく包み込んでいるような感じでありまして、なかなか良い組み合わせだと思います。

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

2017’07.13・Thu

SARAH JANE MORRIS 「HEAVEN」

psarahjanemorris001.jpg

 イギリスの優れた女性歌手サラ・ジェーン・モリスの、1992年のアルバムであります。わっちは以前この人の盤を何枚か持っていたんですけど(この人がヴォーカルだったハッピー・エンドの貴重盤も持ってたな~)、とっくの昔に全て売り払ってしまいました。今思えば勿体無いことをしたと思っております。このサラ・ジェーン・モリスという人は歌の上手さには定評がありまして、男か女かわからないような低くて太い声で、ブルースとかR&Bのフィーリング溢れる黒っぽい歌を聞かせてくれるのであります。コレだけ歌えたらさぞ気持ち良かろうな~なんて思うワケでございますが、何と言いますか、歌バカみたいな佇まいが微笑ましくてステキなんですよね~♪好みのタイプの声ではありませんけど、わっちはこういう人は好きです、基本的に。

 このアルバムでも歌バカぶりは相変わらずで、めっさ楽しそうに豪放で豪快な歌を思う存分に歌いまくっています。いや~イイですね~、やっぱり。嬉々として歌っているのが手に取るようにわかるって感じで、聞いている方も思わず楽しくなってしまうという、そんな力がある歌だと思います。多分ですけど、プロの歌手であれば、一度はこういう歌を歌ってみたいと憧れるんじゃないですかね~。音楽的にはよくあるジャジーなテイストを持ったソウルとかR&B風味のポップスって感じでありまして、シンプリー・レッドなんかに共通するところがあると言えばおわかりいただけるんじゃないかと思いますけど、そういうよくあるタイプの音楽を、サラ・ジェーンさんの歌が特別なモノに仕立て上げているって感じですかね~。イヤイヤ、マジで素晴らしい歌手ですよ。アルバム全部揃えたくなって来たな~♪

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP